やっと

やっとこのブログにアクセス出来るようになりました。
一体なんだったんでしょうね。
誤解であるにしろ、事実を確かめるということもこれからさらに必要になってくることでしょう。
とりあえず、ご報告まで。

なお、今は道々日記の続きを別につくっていますので、そちらも、よろしくお願いします。
[PR]
# by akikonoda | 2011-12-03 20:50

石榴

石榴とは血の味がするという人の すずやかなるや のどぼとけなり
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-12 21:46 | 短歌

せんぞがえり

おいちゃんの棺で眠っている顏を見ていると
亡くなったじいちゃんの顏にみえた
人はなんだかはじめもおわりも
みわけがつきにくい
同じ顏になっていくみたい

ほほにふれてみると
ひんやりと
つるりと
こなをはたかれた
あんころもちみたい

おいちゃんは
7番めの焼き場からでてきたら
あたたかいしろいほねになっていた
ゆげがのぼる 
たましいのよろいみたい

おいちゃんは
そこからぬけだして
せんぞがえり
きせきにはいった
ほねぶとのたましいみたい
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-11 22:11 |

おじさん

おじさんがなくなった
お元気だったのを見たのが最後で
なくなるまでのじかんをよくしらなかった
ひとはそうしていなくなってしまうのかもしれないが
かみなりがぴかりとなったような
そのようなしにかたのようなきもしている

やすらかに ただやすらかにおねむりください

あしたあいにいきます
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-10 21:24 | 日々の事

菅原道真の句

「彦星の行きあひを待つ鵲(かささぎ)のとわたる橋を我にかさなん」

菅原道真の新古今和歌集の句
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-09 09:27 | 短歌

あじあとは

あじあとはなつかしきこととつながりてたどりくるものとおもいおもいて
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-08 23:07 | 短歌

みそしるのあじ

われねこみ せがれのはじめてつくりけるみそしるのあじわすれがたしや
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-07 22:42 | 短歌

はきだせば

はきだせば さいごになにがのこるのか おもいでばかりか せきばらいかな  
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-05 22:22 | 短歌

明日の朝

明日の朝
葉っぱの一生と夜のスイッチと
どちらにしようか
まよいながらねむる

あかりがあるのにと
夜鳴き鳥がないている
雨と竜巻は去った
どちらにしろ去っていった
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-04 21:31 |

のどいたみ

のどいたみ 熱い紅茶をすする朝 むらされたのはくうどうのやみ
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-03 11:09 | 短歌

すいかをくらう

赤い月 とがった山に登りゆく すいかをくらう クワガタとなり 
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-02 22:52 | 短歌

頭痛

頭痛 眼痛 低気圧 あめはふらない くもりばかりで
[PR]
# by akikonoda | 2011-07-01 23:51 | 短歌

消費税増税反対

いつも亜米利加にかしたものを返してもらおうとすると急に円高が進むのはなぜか。
それを庶民におしつけてはいけません。
もう、そういう小細工はやめてもらいたい。

消費税増税は絶対反対。
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-30 21:30 | 記憶

はえたたき

はねつけてみどりにひかるはえたたき ひとかわむいた李(すもも)のたかり  
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-30 11:14 | 短歌

あさどく

朝読で うえにはなあに したにはなあに と ガオ をよむ

一度月に飛んで それから うみのそこまでいく

きのみがいろいろかたちをかえてさいぼうのようにうまれてこわれてまたうまれていく

そういうせかいを

こどもたちはたのしんでいたようにみえた
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-29 22:22 | 日々の事

今日は

今日は真夏のような暑さでした。

入道雲も出ていたそうです。

梅雨はあけたようでした。

いましがた地震が起きました。

けれど こちらはなんとか大丈夫です。
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-28 21:40 | 日々の事

「建屋カバー」

東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋を覆う「建屋カバー」の仮組みが、福島県いわき市の小名浜港で進んでいる。3月12日の水素爆発で大きく壊れた建屋からは今も放射性物質の放出が続いており、カバーで放射性物質の飛散や雨水による放射性汚染水の増加を防ぐ狙いがある。

 カバーは、塩化ビニル樹脂をコーティングしたポリエステル製で、縦47メートル、横42メートル、高さ54メートル。建屋を囲むように鉄骨を組み、上からかぶせる。約50キロ離れた小名浜港で仮組みするのは、放射線量が高い現地での作業を減らすため。接合部は日本の伝統建築などで使われる「はめ込み接合」が採用された。

 62のパーツを来月上旬にも船で運び、大型クレーンで組み立てる。28日にはクレーンを1号機の近くに移動させるなど受け入れ準備が始まった。東電は9月中の完成を目指すという。【徳野仁子】

〜〜〜〜〜〜〜〜

がんばれ。
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-28 21:38 | 記憶

ちいさなことの

連続の生 ちいさなことのつみかさね いまになっている活動
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-27 21:56 | 短歌

缶詰の

缶詰の中に手を出す 仕掛けたり ひっこみつかず ばとんりれーのし
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-25 21:30 | 短歌

おふくろよりも

こせがれときゃっちぼーるをするゆうべ おふくろよりもおやじなきぶん
[PR]
# by akikonoda | 2011-06-24 23:08 | 短歌