相変わらず

FRB議長、米経済「安定化の兆し」 議会証言
 【ワシントン=米山雄介】米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は21日、下院金融サービス委員会で証言し、米経済の現状について「景気下降のペースは著しく緩やかになったようにみえる」と説明した。「最終需要や生産には一応の安定化の兆しがある」と景気判断をやや前進させた。ただ、雇用の悪化や住宅価格の下落に懸念も示し、「金融政策は引き続き景気回復を促すことに重点を置く」と述べ、現在の積極的な金融緩和を当面継続する考えを示した。
 今回の議会証言はFRB議長が半年ごとに金融政策運営を包括的に説明する報告。議長は「われわれは必要に応じて市場金利を引き上げる手立てを持っている」と強調した。将来のインフレ回避に向け、政策運営を危機モードから平時に戻す「出口戦略」に自信を示した。(01:50)

日経〜〜〜〜〜〜

相変わらず、嘘が蔓延している。
[PR]
by akikonoda | 2009-07-22 08:47 | 記憶
<< 日蝕のてまえ 日食 >>