りそな銀

 りそな銀行は22日、顧客延べ33万人分の名前や口座番号などの個人情報を記載した内部資料を紛失したと発表した。

 出入金や口座作成時の伝票、現金自動受払機(ATM)の利用記録などが中心。住所や生年月日が含まれた資料も一部あった。いずれも75年以降の作成で、113支店に保管されていた。現時点で不正利用は確認されておらず、誤って廃棄処分した可能性が高いという。

 昨年6月に一部店舗で資料の移送作業を進めていた際に紛失が発覚し、確認作業を進めてきた。同行は「顧客情報の管理を再度徹底したい」としている。【小倉祥徳】
[PR]
by akikonoda | 2009-07-22 21:07 | 記憶
<< めのそこ 日蝕のてまえ >>