裁判ショウ

裁判員制度に反対する弁護士らの市民団体「裁判員制度はいらない!大運動」(呼びかけ人・高山俊吉弁護士ら)は7日、東京都内で会見し、東京地裁で3〜6日に行われた殺人事件を巡る全国初の裁判員裁判について、「懸念した通り、実態は『市民参加』という名の刑事裁判ショーだった」と批判した。

 市民団体は、さいたま地裁の「第2号」裁判員裁判(10〜12日)でも反対行動をする方針で、今後も制度廃止に向け活動を進めるという。

毎日〜〜〜〜〜〜〜

裁判ショウはいらないということ。
法そのもののあやしきなりたちへの疑問を持つものとして、裁判員制度そのものに反対である。
見切り発車も甚だしい。
[PR]
by akikonoda | 2009-08-07 20:19 | 日々の事
<< 「アジア共通通貨」 桜京古墳 >>