戦う価値がない

【ワシントン=黒瀬悦成】米ワシントン・ポスト紙とABCテレビが19日公表した合同世論調査によると、米国民の51%が、米軍によるアフガニスタンでの対テロ戦争は「戦う価値がない」と回答し、「価値がある」(47%)を初めて上回ったことがわかった。

 特に、民主党支持層やリベラル派の間でアフガンへの関与強化を忌避する傾向が目立ち、今後、オバマ大統領のアフガン政策に微妙な影響を及ぼす可能性がある。

 アフガン情勢をめぐっては、アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官が旧支配勢力タリバン根絶のため、9月に米軍の増派を要請するとの観測が広がっている。調査では、「米軍を増派すべきだ」としたのは24%にとどまったのに対し、「兵力を削減すべきだ」は45%に達した。

 また、20日に実施されるアフガン大統領選によって「まともな政府ができると思う」との回答は34%で、「思わない」64%を大きく下回った。

 オバマ大統領のアフガン政策に対する支持率は60%で、引き続き高水準を維持しているものの、「身内」のはずの民主党支持層では、「戦う価値がない」が約7割に達した。調査は、今月13〜17日にかけ、全米の成人1001人を対象に電話で実施された。

読売〜〜〜〜〜〜〜

【ワシントン=黒瀬悦成】米ワシントン・ポスト紙とABCテレビが19日公表した合同世論調査によると、米国民の51%が、米軍によるアフガニスタンでの対テロ戦争は「戦う価値がない」と回答し、「価値がある」(47%)を初めて上回ったことがわかった。

 特に、民主党支持層やリベラル派の間でアフガンへの関与強化を忌避する傾向が目立ち、今後、オバマ大統領のアフガン政策に微妙な影響を及ぼす可能性がある。

 アフガン情勢をめぐっては、アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官が旧支配勢力タリバン根絶のため、9月に米軍の増派を要請するとの観測が広がっている。調査では、「米軍を増派すべきだ」としたのは24%にとどまったのに対し、「兵力を削減すべきだ」は45%に達した。

 また、20日に実施されるアフガン大統領選によって「まともな政府ができると思う」との回答は34%で、「思わない」64%を大きく下回った。

 オバマ大統領のアフガン政策に対する支持率は60%で、引き続き高水準を維持しているものの、「身内」のはずの民主党支持層では、「戦う価値がない」が約7割に達した。調査は、今月13〜17日にかけ、全米の成人1001人を対象に電話で実施された。

読売〜〜〜〜〜〜〜

亜米利加の国民のほうが政府よりも、戦う価値がない事が分かっている人が多いというのは、うれしいことである。
[PR]
by akikonoda | 2009-08-20 21:24 | 記憶
<< 国家の暗殺命令とは あしゅららが >>