国家の暗殺命令とは

【ワシントン支局】米ワシントン・ポスト紙(電子版)は20日、ブッシュ前政権下の2004年、中央情報局(CIA)が、国際テロ組織アル・カーイダ幹部を殺害する秘密計画の立案や訓練を、米民間警備会社ブラックウオーター(現在「Xe」に社名変更)に委託していたと報じた。

 複数の元情報当局者の話として伝えた。委託理由について、元情報当局者は、「何か問題が起きた時、外部委託の方がCIAを守れる」と話しているという。

 殺害計画は今年6月、パネッタCIA長官が議会に報告し、同計画をすでに中止したことも明らかにした。ブラックウオーター社へは、訓練などのため数億円が支払われたが、実際の任務は遂行されなかったという。同政権下では、テロ容疑者への尋問も民間に委託されていた。


読売〜〜〜〜

亜米利加に限った事ではなかろうが、テロよりも国が暗殺を命令する事がまかり通ることのほうが、よっぽど恐ろしいと思われる。

しかも、民間に委託とは。
[PR]
by akikonoda | 2009-08-20 21:55 | 記憶
<< はたらいた 戦う価値がない >>