またはじまった。

民主党の鳩山代表は2日、都内で開かれた連合の中央執行委員会であいさつし、消費税について、「マニフェスト(政権公約)を実現し、政治に対する不信感が少しずつ払拭(ふっしょく)されたとき、国民にいろんな意味で負担をお願いすることも将来出てくる可能性があろうかと思っている」と述べた。

 民主党は衆院選で4年間は消費税率を上げない方針を示したが、鳩山氏の発言は、それ以降は引き上げが必要になる可能性に触れたものだ。

 鳩山氏は「国民が政治への不信感を強めている段階で増税など実現すべくもなかった。真剣にこの問題を取り上げ、年金の問題なども含め、社会保障の議論も進めたい」とも語った。

 また、衆院選での連合の協力に謝意を示し、「これからは政府を運営する立場になるので、要望の実現に最大限努力する」と述べた。

読売~~~~~~

またはじまった。

どこに移行しようとも、同じような仕組みに絡めとられないようにしないといけない。

政党交付金が何億も民主に動くとか言われているなか、そこから、すこしでも国民に還元できないものかとも思われるふしもなきにしもあらずで、もう、税をあげる予防線をはっているのが、なんともいえない。
[PR]
by akikonoda | 2009-09-03 08:16 | 記憶
<< うごき ぐーぐる >>