インフルエンザ関連

 幼い子どもの新型インフルエンザ感染死が増えている。一体何が起きているのか。自治体の記録などから読み取ると−−。【國枝すみれ、山寺香】

 26日までに、新型インフルエンザ感染により10歳未満で死亡したのは全国で6人。そのうち5人にはぜんそくなどの基礎疾患がなかった。厚生労働省のまとめでは7月28日から10月13日までの新型インフルエンザによる入院患者は2146人。10歳未満は約6割の1234人に上る。

 死亡例が3件の東京都。男児(3)は19日に38度の熱を出し、医療機関でかぜと診断された。20日、熱が39.6度に上昇、午前9時過ぎに再受診。インフルエンザA型陽性で、昼前にタミフルを1回飲んだ。自宅ではアイスクリームを食べるなど比較的元気だったが、午後5時過ぎに嘔吐(おうと)していたのを発見された。呼びかけに反応がなく救急搬送された。異変に気づいて30分で病院に着いた時には心肺停止状態。午後6時50分に死亡した。

 男児(4)は4日夜39.9度の発熱。翌朝A型陽性が判明した。帰宅途中にけいれんし、病院でタミフルを投与。だが6日早朝、意識障害から呼吸停止に。13日に死亡した。

 男児(5)は、2日朝発熱し、診療所でかぜと診断された。3日午前中に熱は40度に。タミフルを飲んだが、夕方に嘔吐、意識がもうろうとし白目をむいた状態となり、午後4時すぎに病院に搬送された。「おなかの動きが悪い」との記載が残り、タミフルが吸収されなかった可能性もある。同日夜には多臓器不全に陥り、6日午後8時前に死亡した。

 東京都福祉保健局の大井洋参事は「3例とも重症化や死亡までの経過が早く、治療で他に何かできたという選択肢は少ないのではないか」と話す。

 兵庫県西宮市の女児(8)は11日に微熱、12日朝に38.8度に上昇した。同日午後5時には意識障害がみられ、同市の病院に運ばれたが、全身状態が悪く、薬も飲めなかった。同日午後9時40分、神戸市の医療機関に転送された時にはショック状態に。直接の死因は多臓器不全と記載されたが、脳炎を疑われるケースだった。

 横浜市の男児(5)はウイルスが肺で増殖したウイルス性の重症肺炎で15日に死亡した。12日に発熱、13日にタミフルを飲んでいた。

 東京慈恵会医科大の浦島充佳准教授は「オーストラリアやニュージーランドでも、5歳未満の子どもの死亡率が最も高かった。小さい子どもは体力がない。幼いということ自体が基礎疾患を持っているのと同じくらい危険だ」と話す。

 また、季節性インフルエンザに罹患(りかん)した経験が少ない子どもは、大人より新型インフルエンザに感染しやすく、重症化しやすい。

 病状は(1)タミフル投与のタイミング(2)本人の体力(3)侵入したウイルス量などで変わる。

 新型インフルエンザは発症から12時間で感染が判明し、48時間以内にタミフルを投与すれば重症化を防げるとされていたが、死亡例ではタミフルを飲んだ時には手遅れのケースもあった。「小児科医の間には、新型インフルエンザが疑われたら、感染判明を待たずにタミフルを投与するという方針が広まりつつある」(浦島准教授)。日本ウイルス学会は重症化率が高い小学生へのワクチン接種時期の前倒しを検討すべきだと提言した。

 親がすぐ病院に連れて行くべき兆候は。インフルエンザ脳症と脳炎は、呼びかけても反応しないなど意識障害の症状が出たら危険。ウイルス性肺炎は、息が長く続かず会話が途切れる、子どもが「息苦しい、胸が痛い」と訴えるなどだ。

毎日〜〜〜〜〜〜〜〜

タミフルの副作用の疑いはないのか。
あるいはワクチン投与の有無とその症状状態はどうなっていたのか。


〜〜〜〜〜〜〜〜

インフル脳症が既に50例、7歳が最多-感染研

[ 写真拡大 ]
 国立感染症研究所感染症情報センターに報告されたインフルエンザ脳症患者数が、今年第28-41週(7月6日-10月11日)の14週間で50例に上ることが分かった。10月26日に同センターで開かれた勉強会で、安井良則主任研究官が述べた。このうち48例が、新型インフルエンザウイルスによる脳症として報告されているという。


 脳症患者の報告は16都道府県からあった。年齢別に見ると、7歳が10例で最も多く、中央値は8歳(1-43歳)だった=グラフ=。

 安井研究官によると、同センターに報告されるインフルエンザ脳症患者数は、1シーズンに50例ほど。例年の季節性インフルエンザの流行のピーク時より比較的患者数が少ない現段階で、既に50例に達している。ただ、新型インフルエンザへの関心の高まりで報告数が増えた可能性もあるという。

■新型による脳症、8割が軽快
 また安井研究官は同日、同センターが実施したインフルエンザ脳症患者の臨床像についての調査結果を報告した。調査は、新型インフルエンザの重要な臨床像の一つである脳症について、情報を明らかすることが目的で、第28週以降にA型インフルエンザウイルスによる脳症として報告された患者が対象。勉強会では、10月16日までに回答があった新型インフルエンザウイルスによる脳症20例の臨床像が紹介された。
 それによると、20例のうち基礎疾患や既往歴があったのは11例で、熱性けいれんが6例、気管支喘息が5例。
 症状では、全例に意識障害があり、発熱したその日のうちに意識障害が出たのが4例で、翌日に出たのが11例、2日後が4例だったが、8日後との回答も1例あった。また、12例で気管支炎や肺炎、低Na血症、多臓器不全といった脳症以外の合併症があった。治療では、抗ウイルス薬が全例に投与されていたほか、ステロイドパルス療法、γグロブリン療法、脳低体温療法がそれぞれ16例、5例、3例で行われていた。
 転帰の回答が得られたのは19例で、このうち治癒・軽快したのは15例。後遺症が残ったのは3例で、死亡例は1例だった。

 安井研究官は「多くの症例で、インフルエンザ発症後早期に脳症の症状が発現している」と指摘。また、抗ウイルス薬やステロイドパルス療法などによる治療で約8割が軽快しているが、後遺症が残った例や死亡例もあるとし、「引き続き注意深く対応していく必要がある」とした。

脳症患者の臨床像の詳細は同センターのホームページで

CBnews~~~~~~~~~~
[PR]
by akikonoda | 2009-10-27 12:56 | 記憶
<< かぶんすう ワクチン副作用について >>