小沢発言について

<小沢幹事長>植民地支配を謝罪 ソウルで学生らに講義
 【ソウル近藤大介】韓国を訪問している民主党の小沢一郎幹事長は12日午前(日本時間同)、ソウル市の国民大学学術会議場で、約250人の学生らに講義した。小沢氏は日韓併合以来36年間にわたった日本の植民地支配を、「日本国、日本国民として謝罪をしなければいけない歴史的事実だった」と謝罪した。その上で「不安定な要素をはらんでいるのが極東地域だ。(日中韓の)3カ国が信頼関係と連携を深めることが大事だ」と述べ、北東アジアの安定に日中韓の緊密な連携が不可欠との認識を示した。

 講義は「新たな日韓関係と、それを担うリーダーの育成」がテーマ。今後の日韓関係について小沢氏は「日韓両国が信頼関係を確立できれば、北東アジアや世界の安定と平和のために、大きな歴史的使命を果たすことができる」と述べた。併せて、リーダーに求められる要素として、高い志や先見性、責任など5条件を挙げ、「『旧(ふる)きを訪ね、新しきを知る』という言葉がある。歴史の教訓から学び取ることが大事だ」と語った。

〜〜〜〜〜〜〜〜

【ソウル時事】韓国訪問中の民主党の小沢一郎幹事長は12日午前、ソウル市内の国民大学で講演し、永住外国人に地方参政権を付与する法案について「政府提案で出すべきだと思っている。来年の通常国会にはそれが現実になるのではないかと思う」と述べ、来年1月召集の通常国会に政府が法案を提出し、成立させる見通しを示した。

 また、日本による過去の植民地支配について「現代史の中で不幸な時代があった。日本国、日本国民として謝罪しなければならない歴史的事実だ」と表明。その上で、「そのことのみを言い続けていては、両国の将来に何の良い結果ももたらさない」と述べ、歴史問題を乗り越え、日韓関係を発展させるべきだとの認識を強調した。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜


過去に対する植民地支配への謝罪は、日本人として当たり前だとは思う。

それは欧米の国々にも、求めるべきことではあり、それも当たり前だと思うが。


しかし、長年日本に暮らし、帰化出来る人に関して、日本人になる事なく、参政権を得るという事がまかりとおるのは、おかしいと言わざるを得ない。

これは差別問題や単なる愛国心等という不確かな事とくくられたくない事である。

日本人になりたくない人が、日本に対して愛着もなく、権利だけ主張して、他国の利益になることだけをするという事が、なきにしもあらずという事を懸念しての事である。


どこの国の人であろうと、外部の意向に、指図されるのはよしとしないであろう。


仮にどこの国、どこの場所においても、同じ条件で、生活が保障されてるならばまだしも実現可能ではあるかもしれないが、現実的に見て、まだその段階では到底ない。

一部の金融資本に連なるもの達による、湯水のようにお金を作れるからくりで持って、「国」という囲いを取っ払い、単なる「土地」「領土」になったものを独占され、買い占められるような制度でしかなくなる可能性が大きすぎる。

お金にものを言わせた、「電波支配」のような、外国語ばかりを刷り込まれるようなテレビ番組を、たれながされるのもうんざりしているが。

「自由」「平等」の美名を叫びながら、お金を持っていたり、制度を操れる立場にいるものたちの都合でしか動かない、それこそ過去の植民地的世界が、露骨に、更に加速されて行くだけであると思わざるを得ない現実もあり。

お金を自由に作る事の出来るもの達が今よりも蔓延る、この今使っている「日本語」もなくなるような「植民地」になりたくないならば、それは、今こそ考えなければならない事である。


今はっきりと言える事は、私はこの日本を、この日本語をなくしたくはない。という事であり、これは譲る事が出来ない事である。
[PR]
by akikonoda | 2009-12-12 12:58 | 記憶
<< 擦り傷 交差点の駐車場 >>