ばからしい予想

[ニューヨーク 14日 ロイター] 英国の銀行大手バークレイズのダイアモンド社長は14日、経営破たんした米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスから前年買収した米国事業は、予想以上の業績を上げていると述べた。

 ダイアモンド社長は講演で、米当局の金融危機の再発防止に向けた取り組みにも言及し、「大き過ぎてつぶせない」大手金融機関に焦点に絞る方針を批判。いかなる金融機関も大き過ぎて破たんさせられないことがあってはならないとしたうえで、金融機関の規模を縮小させることが解決策ではないと述べた。

 経済情勢については、景気は実際に回復しているとの見方を示しながらも、回復が持続的なものであるかについては疑問が残るとした。米・英両国で財政赤字が増大していることや、税率が高いことを懸念していると述べた。

 また、商業用不動産市場に資金が流入していると指摘した。

〜〜〜〜〜〜〜〜

どんな予想だったのか。
大きすぎるところが、政府の支援をもらって儲かるだけのことではないのか。
[PR]
by akikonoda | 2009-12-15 09:35 | 記憶
<< 耳鳴りの 木の棒を持つ男と女の夢 >>