クロスオーナシップ禁止から

「プレス(新聞)と放送が密接に結びついて言論を一色にしてしまえば、多様性や批判が生まれない」。原口一博総務相は2010年1月14日、新聞社が放送局を支配する「クロスオーナーシップ」を禁止する法律を制定したいという考えを明らかにした。

現在は「日本テレビ=読売新聞グループ」というように新聞とテレビが系列化しているが、先進国では異例で「言論の多様化を阻んでいる」との批判がある。もし実現すればメディアの大改革につながるが、オールドメディアの激しい反発が予想される。
「クロスメディアの禁止を法文化したい」

新聞・テレビの「クロスオーナシップ禁止」の法制化を表明した原口一博総務相(写真は1月12日撮影)
原口総務相は1月14日、東京・有楽町の外国特派員協会で開かれた講演で、新聞・テレビの「クロスオーナーシップ」に関する記者の質問に次のように答えた。
「マスメディア集中排除原則、これを法案化します。そして、クロスメディアの禁止、つまり、プレス(新聞)と放送が密接に結びついて、言論を一色にしてしまえば、そこには多様性も、民主主義の基である批判も生まれないわけであります。これを法文化したいと考えています」
日本では、放送局の寡占化を防ぐ「マスメディア集中排除原則」が総務省令で定められている。原口総務相はすでに、この原則を法律レベルに高める考えを記者会見などで示している。法案の具体的な内容はまだ明らかでないが、特派員協会の会見で、クロスオーナーシップの禁止を法案に盛り込む意向を表明した。
欧米の先進国の多くでは、言論の多様性やメディアの相互チェックを確保するため、新聞社が放送局を系列化する「クロスオーナーシップ」を制限・禁止する制度や法律が設けられている。日本でも、総務省令(放送局に係る表現の自由享有基準)にクロスオーナーシップを制限する規定があるが、一つの地域でテレビ・ラジオ・新聞のすべてを独占的に保有するという「実際にはありえないケース」(岩崎貞明・メディア総合研究所事務局長)を禁止しているにすぎない。
その結果、読売新聞と日本テレビ、朝日新聞とテレビ朝日といった新聞とテレビの系列化が進み、テレビが新聞の再販問題を一切報じないことなどに見られるようにメディア相互のチェック機能が働かず、新聞もテレビも同じようなニュースを流すという弊害が生じている。原口総務相が表明した「クロスオーナーシップ禁止」の法制化は、このようなメディアの歪んだ状態を正す可能性をもつ。
「言論が一色になることはジャーナリズムの世界ではあってはならない」
だが、クロスオーナーシップで利益を得てきた新聞・テレビからは激しい反発が起こることが予想される。テレビ朝日や東京MXテレビで働いた経験をもつ独立系映像メディア「アワープラネット・ティービー」の白石草代表は
「問題はどこまで本格的に踏み込んで規制をするか。欧米のようなクロスオーナーシップ禁止が実現すれば放送業界も大きく変わるだろうが、新聞業界の反発はすごいだろう。現在はまだ大騒ぎになっていないので、騒ぎにならないうちに民放連(会長は朝日新聞出身)がつぶそうとするのではないか」
と推測する。新聞業界の抵抗を暗示するように、新聞・テレビの主要メディアはどこも、原口総務相の「クロスオーナーシップ禁止」の法制化に関する表明を報道していない。講演翌日の1月15日には総務省で定例会見が開かれたが、新聞やテレビの記者からはクロスオーナーシップについての質問は出なかった。つまり、黙殺したのだ。
唯一、ネットメディア「ビデオニュース・ドットコム」の竹内梓カメラマンが質問すると、原口総務相は
「一つの大きな資本体がテレビも新聞もラジオもとると、言論が一色になる。そういうことはジャーナリズムの世界ではあってはならないと伝えられているわけで、いろんな国が出資規制を置いている。そのことについては、私たちもしっかりと、国会でも議論いただいている。その議論をふまえた一定の結論を出していくということを言ったわけです。主要メディアが報じなかったかどうかは、私のコメントできるところではありません」
とクロスオーナーシップ禁止の目的について、改めて説明した。実は、前日の特派員協会での質疑応答で原口総務相の発言を引き出したのも、ビデオニュース・ドットコムを運営する神保哲生さんだ。神保さんは
「原口さんの回答の全体的な印象として『既得権益を壊さないといけない』という強い意志が感じられた。政治家がメディアに手をつっこむのはリスクが大きいが、これはぜひやりたいと考えていると思う。ポイントは、このような問題があるという認識が世論に広がるかどうかだ。新聞・テレビがまったく報じようとしないなかで、どのように世論形成していくかが課題となるだろう」
と話している。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

かといって、欧米のメディアを見ていると、どう見てもテレビコマーシャル的な商業主義的で偏っている報道も見受けられるので、どこまで切断できるかというよりも、金融資本家がどこぞの権力に声をかけられて、ほいほいとついて行く、現代の人買いのようなものが蔓延る中、無限に紙切れから作れる権限を握っているもの達が金をばらまき続ける限り、この闘いは永久に終わらないのではなかろうか。

全て、金に吸い取られていくということをなんどもみてきており、気持ち悪く、薄気味悪さが身に染みてもいる。本当に、うんざりしている。

地方参政権の問題もぴたっと報道しなくなるのも、報道規制なのかとも思われるが、小沢氏と民主党を支持しないのは、日本国民というよりも、外国人に有利な法律を押し進めようとしている政権に見えるからである。


「四年間」は法を変えない等と言う期間限定というのは、姑息な手段でしかなく、通用しない。


民主党の中でも馬淵さん等が表立って来れないのには、何か封じ込められている訳があるのだろうか。又、薬害エイズの川田さんも民主党時代封じ込められていたという事を報道で見た事があるので、地方参政権に反対している(元)民主党議員の立場は悪いという事からして、民主党の真の目的が垣間見られた気がして、危険と思わざるを得なくなった。

社民党も共産党も公明党も同じ理由からである。


根底が違うという事。


例えば、小沢さんは在日の方であると言うような噂もあるようだが、その事実関係ははっきりしていないのでなんともいえないが、誰の為に働いているのかという事を、日本人はしっかりと考えた方がいいと思わずにはおれない。


例えば、韓国、北朝鮮が近い将来、統一という形を取ったりするかもしれないが、その時にどちらにも入れないような人が、日本に多く流出することをシュミレーションしているとしたら、その多くを日本に移住させる為の下準備としか思えないのである。

難民認定するとしたら、また、保護下に置かれ、日本人が朝から晩まで働いて貯めて来たものを、吸いとられ搾り取られると言う事でもある。

現実は厳しい。そこまで、日本人はお人好しではないし、余裕もなく、軍事力に使いまわしている国のやり方を変えられるのは、北朝鮮自身にしかできない事なので、そのやり方を先方が変えていくのが筋であろうが、そこまで出来ず、流出が後をたたなくなった場合を想定してのものが、先だっての家賃保障制度のような類いであろう。

つまり、首都圏における外国人受け入れ態勢の一環として、住む場所の踏み倒しも見込まれるので家賃を保障する制度を外国人の為にもうけるというとこまで、民主党と社民党の用意は周到と見た方が良い。


亀井さんは、地方参政権にも慎重であり、郵政民営化で踏ん張ってくれたので支持しているが、いざという時、止められるかが問題である。

自民党は、まだ、生真面目そうに消費税を上げる等と言っているので情けないとしか言えないが、慎重に地方参政権を考えているので、そこの部分だけは支持している。

消費税を上げる等馬鹿な事は金輪際言わないで、創価学会等のあのようなどでかい施設をボンボン作れる宗教団体や今猛烈な勢いで作られている幸福の科学等から、税金をばんばん取ればいいものをなぜ手入れしないのかさっぱり分からない。
「政党と一致している宗教団体」と「脱税目的の宗教団体」と「怪しげなものを売ったりする宗教団体」に限定してもいいくらいに、特に厳しい税金を取るべきである。



後は、ほかの小さな政党が結託して一丸となってがんばってほしいところである。


報道関係ももちろん問題があるが、外国人なのに、お金を持っているので日本を動かしている人が多く、日本人に不利になるような法律をもっと作られ、乗っ取られていくと言って過言ではない現在の状態を、もっとよく見た方がいい。
[PR]
by akikonoda | 2010-01-20 17:57 | 記憶
<< 報道の 夢詩 古い家 と りぞーとの違い >>