かね次第

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴された▽当時事務担当者で同党衆院議員、石川知裕(36)▽当時会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規(48)▽石川議員の後任の事務担当者で元私設秘書、池田光智(32)の3被告について、東京地裁は5日、保釈を認める決定を出した。

 保釈保証金は石川議員が1200万円、大久保秘書が700万円、池田元秘書が300万円。石川議員と池田元秘書は5日、大久保秘書は4日に、それぞれの弁護人が保釈申請していた。地裁は検察側の意見を踏まえ、保釈を認めた。

 起訴状などによると、陸山会が04年10月に東京都世田谷区の土地を約3億5200万円で購入した際、石川議員と大久保秘書は共謀して原資となった小沢氏からの借入金4億円を同年分の政治資金収支報告書に記載しなかったなどとされる。また、大久保秘書と池田元秘書は共謀し、07年5月に小沢氏に返済した4億円を同年分の収支報告書に記載しなかったなどとされる。大久保秘書は04、05年分について別の虚偽記載で起訴されているため、この部分について特捜部は4日、東京地裁に訴因変更を請求している。【北村和巳】

毎日〜〜〜〜〜〜〜〜

どんな根を絶つのか。

反対勢力の根を絶つだけになるのであれば、そもそもの根本が根腐れてくる。

故中川氏のような納得できない死に方をされる方が出る等という事がないように、政治と金を巡る周辺に目を凝らしておかないといけないと思われる。

目障りな言論をも封じ込めることがないように。

あまりにそこにいるものを軽んじ、むちゃくちゃなことを強いるのはやめたほうがいいし、道理にも合わないし、そのような事がまかり通るような事があるならば、「死者」がどこかで見ていて、何か大きな嘘が露見するような気がしてならない。
[PR]
by akikonoda | 2010-02-05 16:33 | 記憶
<< はるのたつ 不服 >>