「2ちゃんねる」

掲示板サイト「2ちゃんねる」が攻撃され、アクセスできなくなった問題で、2chサーバが置かれているデータセンターの運営企業は3月5日、米連邦捜査局(FBI)に対し攻撃について説明し、資料を提出したことを明らかにした。資料には、攻撃元のIPアドレスや、攻撃参加を表明した個人ブログなどが含まれているという。

【拡大画像】

 2chサーバを提供するBIG-server.comが、米Pacific Internet Exchange(PIE)の声明として明らかにした。FBIサンフランシスコ支局のサイバー犯罪専門エージェントに対して報告と資料提出した上、東京とソウルの支局に電話で説明したという。

 FBIエージェントに対し、攻撃元のIPアドレスや攻撃用スクリプト、韓国ポータルサイト内に開設された2ch攻撃を呼び掛けるコミュニティーの活動などを資料として提出。日本語、ハングルで攻撃参加を表明した個人ブログなども、攻撃した個人を特定するための資料として提出したという。

 6日にも大規模な攻撃が噂されており、同社は「フルスタッフで専守防衛する」という。

 声明は、FBIへの報告について「攻撃を行った人たちへの報復としてではなく、ネットユーザーの良識と誇りによってこのような行為がインターネットの世界から無くなる事を願ってのことですと説明。

 「そして、私たちは平和に夜を過ごし寝たいだけです」(同社)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こわいこと。
個人情報を売り渡すとは。
他の国の人の平和な夜を壊しているのは一体誰なのでしょう。
[PR]
by akikonoda | 2010-03-07 17:33 | 記憶
<< 鏡の間 さあかす >>