統一教会関連

ツイッターで統一教会について3点について書いた。ここに再録する。

2月19日。韓国天正宮博物館で統一教 会文鮮明教祖の90歳誕生日記念行事開催。アメリカのオバマ大統領の祝辞も寄せられた。もちろんオバマ本人の自覚はなく、周辺が送ったもの。まだ無名のこ ろのオバマは遊説中に統一教会にも挨拶に行ったことがある。ちなみに金正日はスイス製の時計を贈っている。

統一教会のダミー組織「真の家庭運動推 進協議会」は街角清掃などのボランティア等を行っている。いま狙っているのは日本テレビ系の地方局でスポット広告を流すこと。テレビ局の広告収入が減って いるときに、ぜひ実現させたいとする。参加者がいずれ霊感商法被害者になる恐れが高い運動には注意が必要。

国際勝共連合会長を兼ねることになった 統一教会会長の梶栗玄太郎氏。1月末に事務局長会議を開催。書籍、パンフレット持参の警察訪問活動を決定、すでに実施中。捜査当局が本気で霊感商法摘発を 行っていることへの対応策。韓国からの内部情報によれば「資金源のほとんどは日本の信者からの献金」。

http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

統一教会に限らず、プロテスタント系の動きに注目したい。
韓国ではもちろん、中国の経済バブルの中心核のもの達も、おそらく基督教系に何らかの形で繋がっていると予測している。

革命等とうそぶいて動き回っていた中国も、一部の上層部に利権権益を牛耳られている事に変わりはない。
[PR]
by akikonoda | 2010-03-08 07:27 | 記憶
<< 内政干渉の愚 鏡の間 >>