永住外国人への地方選挙権付与に反対する「一万人大会」

 永住外国人への地方選挙権付与に反対する「一万人大会」(呼びかけ人=佐々淳行・元内閣安全保障室長ら)が17日、東京都の日本武道館で開かれ、与野党議員が参院選を前に反対の姿勢をアピールした。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は「拒否権を発動しているから(選挙権付与法案は)成立しない」と与党の立場を強調したが、持論の郵政改革に言及すると会場から「関係ないだろ」とヤジが相次ぐ一幕も。

 みんなの党の渡辺喜美代表は「日本は外国人でも日本国籍を取れば首相になれる開かれた国だ」と指摘し喝采(かっさい)を浴びた。平沼赳夫たちあがれ日本代表は「命がけで頑張る」と訴え、自民党の大島理森幹事長も「断固反対」を唱えた。

 一方、民主党の松原仁衆院議員も反対を表明したが、小沢一郎幹事長ら党幹部が付与に積極的なため、会場は「小沢に言え」などのヤジの嵐に。連合傘下の労組で民主党支持のUIゼンセン同盟幹部も壇上で反対を明言した。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-359.html


●外国人参政権反対一万人大会 「UIゼンセン同盟」も反対表明
 民主議員も参加 (1/2ページ)
 2010.4.17 19:57
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100417/plc1004172000014-n1.htm
 永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対する一万人大会が17日、東京・日本武道館で
開かれた。民主党の支持母体である連合傘下最大の産業別労働組合「UIゼンセン同盟」
(落合清四会長、組合員約108万人)の石田一夫副会長も出席し、反対を表明した。
参政権付与には鳩山由紀夫首相、岡田克也外相、小沢一郎民主党幹事長ら政府・与党に推進派が多く、
参院選後に強引に推し進めかねないとの危機感が広がっている。

 大会で石田氏は「参政権は国民のみが持つ政治に参加する権利だ。組織として地方参政権付与に
反対だ」と反対を初めて公式表明した。理由として
(1)外国人参政権付与と基本的人権は別問題
(2)納税と参政権とは結びつかない
(3)韓国・朝鮮人ら特定永住者のみに付与すれば他国の永住者の差別になる
−の3つを挙げた。

 UIゼンセン同盟は民主党に川端達夫文科相ら多くの組織内議員を抱えており、推進派の動きを
牽制する意味合いは大きい。

●参政権反対国民大会「教科書危ない」
 「国籍のバーゲンセールやめて」国内外から切実な声 (1/2ページ)
 2010.4.17 19:33
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100417/plc1004171935013-n2.htm
 外国人参政権に反対する一万人大会では、愛媛県の加戸守行知事が、歴史教科書をめぐる
裁判闘争で外国人が多数、名を連ねている愛媛県の現状などを報告した。

 加戸知事は、外国人参政権をめぐり今月6日に都内で開催された臨時の全国知事会で、法案に
理解を示す発言をした知事が3人いたことを明らかにした。だが、それ以外の多くの知事は、
領土や基地、自衛隊、エネルギー、外国艦船の寄港など国政に直結した地方問題をそれぞれ
抱えており、法案に反対や消極的な立場が大勢となっていることを報告した。

 その上で、加戸知事は
「程度の差はあっても法案の行く末を心配している。
 これが全国の知事の共通認識と理解している」と述べた。

さらに、愛媛県で特定の中学歴史教科書について採択取り消しを求める訴訟が繰り返し起こされて
いる点に言及。そのうちのある訴訟では原告3459人のうち日本人が209人にすぎず、
残り3250人が外国人だとして、「地方のある行政政策やテーマに外国籍の方々が利用されている
と推察している。外国人が特定の政策に利用される今のこうした状況を考えると
参政権の問題は大きな問題をはらんでいる」と警鐘を鳴らした。

 大会では、米国での外国人参政権事情などをふまえ、安易な国籍付与を批判する意見も出された。

 米メリーランド大のエドワーズ博美講師は米国内での参政権事情を
「メリーランド州など一部市町村では容認されているが、
 圧倒的に世論は反対で、広がらない」と述べた。

 こうした世論を後押しする活発なシンクタンクなどの動きを紹介したエドワーズ氏は
「250年の歴史しかない移民大国の米国でも自国の歴史に誇りを持ち、国家への忠誠心、
 いざとなったら合衆国のために武器を持つという国防の義務と参政権はセットになっている」
と指摘。
「米国の例を見ても帰化の要件はむしろ強化すべきで、
 国籍のバーゲンセールを絶対にしてはいけない」と訴えた。

武道館大会の模様は、ニコニコ動画でアップされていますので是非ご覧ください。
http://www.nicovideo.jp/mylist/18623221
この反対集会には、1万257人もの人々が参加したそうだ。
        
集会では、参議院選挙までに100万枚のビラなりパンフレットを配ると表明されたらしい。
外国人参政権反対の署名を今回の集会でした議員(地方議員含む)は、現在3000人。

多文化共生社会の実現こそがこの世の天国とでも唱える学者達は、例えば・・・
「スウェーデンの挑戦」 岡沢 憲芙 岩波新書 1991年
外国人に対して国民と同様の権利と優遇制度を与えることは
『国家としての風格の問題であり、市民が地球的発想ができるかどうかの問題である。
 地球市民の発想ができれば、そのために代価を払うのは当然なのである。(中略)
 文化の多様性を基礎にした選択の自由を基本理念にして小さな宇宙文化を創造する事が
 結局はスウェーデンの文化を成熟させ、国際世論市場での好感度を高めることに繋がっている。』
などと言う・・・
福祉国家スウェーデンで、この様な政策の舵取りをしたのは社会民主党だった。
「他の国からこの国にきた市民はその他の国民と同じ条件で生活できる。平等とは、国籍や民族、
 社会階級に関係なく、すべての市民が同じ価値を持ち、同じ権利と同じ可能性を与えられること
 である。在住外国人とスウェーデン人との平等と連帯こそが外国人施策の基幹理念である」
連帯ねぇ・・・
性善説に基づけば、在住外国人と共に地球市民になれば、そりゃ世界中どこだって平和だよね。
ディズニーの歌じゃないけれど、世界中誰だってみんな手と手を繋げば友達さ・・・友愛だよね。

さて、サヨクさん達がお手本にするべきだと提唱するスウェーデンの実態はどうでしょう?
【スウェーデンの社会情報
 スウェーデンは、民主主義で、全ての人に平等??その1: 地域差別化】
http://fukushi-sweden.net/news/2005/seregation05.html
 日本のある書物に「スウェーデンは人種差別がなく、民主主義で、全ての人に平等である」と
 書かれていました。国内では反対に人種差別や、貧富の差は大きくなり、日常生活から、職業、
 地域に対しても大きく差別化が進んでいます。
 しかし、政治家達はその問題にはできるだけ触れないように、目を他の方向に向けている感じが
 します。現状調査をしてみました。 

 ストックホルム・コミューンの場合、フースビィ(Husby)、リンケビィ(Rinkeby)は、他地域の
 ノッケビィ(Nockeby)、ソーデル・エングビィ(Södra Ängby)、などに比較して人種差別や
 人種隔離などで、とても大きな問題を抱えています。
 この地域は失業率が高く、外国移民者の多く、若者達の犯罪率も高い地域です。
 これらのある地域では銀行強盗などが多発し、その結果銀行も郵便局も撤廃し、
 時には商店の強盗や盗難、その他の犯罪も増加し、その地区が建設された当時の
 豊かな町造り計画は完全に失敗した地域もあります。(中略)

 これらの地域も建設された当時は、スウェーデン人が60〜70%近く住んでいましたが、
 1980年代に外国移民者に対する政治的な考慮から、外国移民者は希望する地域に住むことを
 認めました。それまでは、一定地域内には、外国人は例えば最高40%を超えないことなどの
 規定があり、スウェーデン人と外国人との差別がないように平均化し、社会的交流を目的として
 制限していました。

  これが廃止された後、これらの地域に住む外国人は、親戚や友人を呼び寄せるようになり、
 同じ国籍の同士がある一定の地域に集中するようになりました。
 その結果、外国人が増加し、子供達のスウェーデン語も正しくない会話が浸透しはじめて、
 そこに住む経済力のあるスウェーデン人は、外国人の少ない地域に移動しました。
 残ったのは、経済力ない社会保障生活にたよっている家族とか、色々な国の外国人が残りました。

  生活環境とカルチャーの違いなどから、スゥェーデン人が少なくなった後は、同一人種の多い
 外国人同士が集中して生活をするようになり、結果的には各種の差別化が進みました。

  この地域には、一部の例外を除いて、スウェーデン人の高所得者は誰も住んでいません。
 社会的地位にある者も住んではいません。彼らは、ダンドリード・コミューンなど、高級社会族
 地域といわれる社会的にも経済的にも豊かな人たちの地域に住んでいます。
 極端な地域ではスポンガ(Spånga,Solham)とテンスタ(Tensta)で、橋の左か右に住んで
 いるかで、社会的生活クラスが全く違う人達が、それぞれの地域で生活しています。
 昔のニュークの黒人街と言われたダウンタウンを想像しました。(引用終わり)

そう、福祉天国スウェーデンにも光と影がある・・・ 
崇高な地球市民理念も、現実を前にすれば脆いものなのだ。

例えば、サヨクさん達は【朝鮮学校の高校無償化対象外】は彼らを差別していると批難する。
将軍様マンセー教育批判も、子供の学ぶ権利を侵害するという。
ならば、4月15日に金正日将軍様から日本に住む朝鮮籍の全子供達への1億円以上のお祝い金の
子供手当てを受け取った総連は、自分達が日本政府からも本国からも貰える子供手当てに対して、
日本政府からしか貰えない日本の子ども達と比べて不平等だとは思わないのか?
サヨクさん達は、この状況を前にして「日本の子供達は可哀想!」とは思えないのか?

勿論、1億円以上もの将軍様からの子供手当ては、日本で稼いだ金をせっせと貢いでいる
在日朝鮮人へのキック・バックであり、今後も日本で稼いだ金を貢ぎ続けろ!という指令だろう。
そして、今後も日本に対して圧力と工作活動をせよという運動資金に違いない。
送金限度額を遥かに超えた資金を将軍様に貢ぐ事ができるのは、
あなた達の中に脱税している人間が存在するからではないのですか?

本国から資金提供を受け、パチンコ・サラ金献金で操り人形の政治屋を育て、サヨクと共闘し
寒流を仕掛けて中年女性を洗脳しながら内政干渉する民団に、参政権を渡したらどうなるか
賢い国民ならば、参政権付与のデメリットが計り知れない事は容易に推測できる。

「米国の例を見ても帰化の要件はむしろ強化すべきで、
 国籍のバーゲンセールを絶対にしてはいけない」
[PR]
by akikonoda | 2010-04-18 12:41 | 記憶
<< 菜の花の あたらしき >>