あらんしりとー

2010年4月25日 23時27分

A・シリトー氏死去 英国の作家
 アラン・シリトー氏(英国の作家)AP通信によると、25日、ロンドンの病院で死去、82歳。家族が明らかにした。死因は明らかになっていない。

 28年3月、英ノッティンガム生まれ。50年代の「怒れる若者たち」の一人と称され、若者たちのやり場のない怒りや反抗などを描いた「土曜の夜と日曜の朝」(58年)と「長距離走者の孤独」(59年)はいずれも映画化された。(共同)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大学の頃、読みました。
「長距離走者の孤独」が好きでした。
映画も。監獄を抜け出し朝の海辺を走る風景は、「ブリキの太鼓」の海辺でうなぎが牛を蝕むイメージとなぜかだぶり、あの異様な生命の蠢きと薄ら寒さをいつもどこかで探していたりします。
生と死のもがきのような。

ぴかれすくでした。

合掌。
[PR]
by akikonoda | 2010-04-26 08:37 | 記憶
<< イランの夢 じぶんらは >>