「朝日新聞」阪神支局襲撃事件

兵庫・西宮市で記者2人が殺傷された「朝日新聞」阪神支局襲撃事件から丸23年となった3日、関係者や市民らが現場を訪れ、29歳で死亡した小尻知博記者の冥福を祈った。
 事件は未解決のまま02年に時効を迎えており、小尻記者の父親(82)は「なぜ息子が…という私たちの疑問には、まだ何の回答も出ていない」とのコメントを寄せている。
[PR]
by akikonoda | 2010-05-03 20:26 | 記憶
<< 核弾頭数 あさかろと >>