牧田氏

 元活動家の牧田吉明氏(63)が1日、岐阜市内の自宅アパートで死亡しているのが見つかっていたことが分かった。牧田氏は、警視庁機動隊官舎にたばこ缶を使った爆発物が投げ込まれるなど69年に連続して起きた「ピース缶爆弾事件」に絡み、爆弾製造の公訴時効成立後の82年に「爆弾は自分たちが製造した」と名乗り出ていた。

 岐阜県警によると、牧田氏は1人暮らしで、病死とみられる。牧田氏は故牧田与一郎・元三菱重工社長の四男。

~~~~~~~~~~

お会いしたことはないのですが、奇遇にも、牧田氏のインタビュー記事を拝見したことがありました。

その背後には、複雑な事情もあったと思われますが。。。

ご本人は何を思われなくなったのか、あるいは何か思い残すことはなかったのか。
が、とても、とても気になるところです。。。

人の命というものはどういうものと思われているのか、あちらにいくということはどういうことと思われるか、もし、ご本人にお聞きできるなら、聞いてみたかったです。

今となっては遅いのかもしれませんが、もし、なにか手がかりがありましたら、教えてほしい気がします。

お悔やみ申し上げます。
[PR]
by akikonoda | 2010-06-03 09:54 | 記憶
<< 自民党がどっちをむいているのか... 空がなく >>