軽井沢と言う場所

115人が死亡した大韓航空機爆破事件から23年。特別赦免を受けて以降、韓国で静かに暮らしていた北朝鮮の元工作員、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚(48)が20日、初めて来日した。今年になって、拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)に「会った」と公表した金元死刑囚。政府の超法規的判断で入国が許可され「新たな情報や北朝鮮の説明を覆すような情報」など拉致被害者の家族らの期待を背負い、金元死刑囚を乗せた車は長野県軽井沢町に入った。

 金賢姫元死刑囚の姿をとらえようと、チャーター機が着陸した羽田空港のVIP用ゲートには20日未明から多くの報道陣が訪れた。二十数台の車やバイク、6、7機のヘリが、金元死刑囚の乗った車両を追い掛けた。

 金元死刑囚が乗り込んだのは、外から後部座席が見えないようグレーのカーテンがついた黒い車。この車を中心とする約10台前後の車列は、マスコミの追跡を振り切るように、関越自動車道の追い越し車線を高速で走行。左の走行車線にも、女性SPらが乗った警護車両が同じ速度で並んで走り、ガードした。

 一方、滞在先である長野県軽井沢町にある鳩山由紀夫前首相の別荘周辺は早朝から騒然とした雰囲気に包まれた。滞在先は、鳩山前首相が中井洽拉致担当相の前任の民主党拉致問題対策本部長だったことや、警備上の理由から鳩山家の別荘になったとみられる。

 出入り口の前には、午前5時前から100人近くの報道陣が到着を待ち構え、別荘の正門の前は、報道陣とカメラを手にした見物客、これを規制する警察官によって車も通過できない状態となった。

 東京都内から結婚式で来ていたという会社役員の男性(74)は「町の人から『金さんが来たらしいよ』と聞いて驚いて見に来た。どんな情報でもほしいであろう横田めぐみさんの両親に、たくさんいろんなことを話して元気づけてあげてほしい」と別荘を外から見守った。

 一方、近くに住む会社員、桑原靖典さん(26)は「早く静かな町に戻ってほしい」と話した。【合田月美、袴田貴行】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「軽井沢」という場所は、戦時中は、外国人が集められた場所であったと、日本国憲法を作ったGHQから派遣されていたベアテ・シロタ・ゴードンが書いている(「1945年のクリスマス」柏書房)。

彼女の父親はピアニストで山田耕筰に請われて日本にやってきて、音楽学校で教えていたが、戦争中にスパイ活動を監視する為に、軽井沢にかなりの外国人が集められたと言う。

そこから、日本の戦中・戦後も、影響を受けていたということは、事実であろう。

鳩山氏所縁の土地でもあるが、国境を越えた「友愛のとりで」のような場所ともいえる。

戦中・戦後日本を形作ったもの達、所縁の土地であると言う、「意味」を考える。

彼女(金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚)はまだ、「何か」の役目を背負わされている可能性は大きい。

そういえば、兇弾に倒れたジョン・レノンもよくこの地を訪れていた。

天皇と皇后の出会いを演出したという場も軽井沢である意味も考える。

ただ単に、避暑地だからという訳ではないと思われる。
[PR]
by akikonoda | 2010-07-20 13:31 | 記憶
<< むしあつく 中国の浸透を証言  >>