ゴーストはいま。。。

韓国の大手ゲームメーカー、Windysoftがクレヨンしんちゃんのオンラインゲームを開発していることが判明した。Windysoftは『真女神転生 IMAGINE』をサービス提供していることでも有名な会社。
動画が『4GAMER』に公開されており見た感じはパーティーゲームテイストに仕上がっている。オンラインゲームが盛んな韓国ではこういったゲームも受けるのだろうか。

1990年に連載開始されて以来単行本も50巻(1126話)に達しゲーム化もパソコン、アーケード、ファミコン、ゲームボーイ、Wii、ニンテンドーDSなど総数23作品がリリースてきている。昨年の9月に作者である臼井儀人氏が急逝したあとも人気は衰えず今年の8月5日発売の9月号からはスタッフによる連載の再開(『新クレヨンしんちゃん』)が決定されている。

本作品のティザーサイトもオープンしているので興味のある方はのぞいてみて欲しい。今のところ日本でのサービス予定は無いが、国民的なキャラクターなだけに日本でもサービス開始してほしいよね。

???????〜〜〜〜〜〜〜

奇妙ななくなり方をされた作者の方は、草葉の陰で、どう思っているのだろうかが気になるところである。

あまり言いたくはないが、韓国でしかサービスしないオンラインゲームとは、何か死者に対して、思うところはないのであろうか。。。

正直、骨まで吸い尽くすような強欲さを、非人間的こわさを感じる。
[PR]
by akikonoda | 2010-07-21 14:59 | 記憶
<< 夏休み なげかわしいだけでなく >>