日本臓器移植ネットワーク

日本臓器移植ネットワークは9日、交通事故で入院していた20代の男性患者が脳死判定され、臓器提供されることが決まったと発表した。

 家族の承諾だけで脳死判定と臓器提供ができるとした改正臓器移植法が7月17日に全面施行されて以来、初の適用例。男性は生前に書面での提供意思を示していなかったが、家族が承諾した。脳死での臓器提供者は1月下旬を最後に現れなかったが、改正法施行後わずか約3週間余りでの提供申し出となった。

 関係者の話によると、男性が搬送されたのは関東地方の病院。5日に診断した結果、脳全体の機能が失われた可能性が高いことが判明。主治医や移植コーディネーターの説明を受けた家族が8日夜、臓器提供を承諾した。法的脳死判定は8日午後9時半に始まり、9日午前11時55分に終了した。

 改正前の臓器移植法は、本人が臓器提供意思表示カードなどで提供意思を示すことが求められるなど、世界で最も厳しい提供条件とされていた。この結果、これまでの脳死臓器提供例は約13年間で86例にとどまっており、改正法が成立した。

 法的脳死判定は1997年の臓器移植法施行後、今回で88例目。臓器提供が今回行われれば87例目となる。

 同ネットワークによると、男性の場合、生前に口頭で家族に臓器提供の意思があると伝えていた。提供を拒否する意思表示は確認されなかったため、家族が話し合い、男性の臓器を提供することを決めたとしている。

 臓器の摘出は10日未明から開始される予定。心臓は国立循環器病研究センター(大阪府)で20代男性に、肺は岡山大病院で20代男性に提供される予定。肝臓は東京大病院で60代女性に、腎臓は群馬大病院で10代男性に、もう一つの腎臓と膵臓(すいぞう)は藤田保健衛生大病院(愛知県)で50代女性に提供される見通し。

 小腸は医学的理由で断念し、眼球の提供先は今後決める。

 ◆日本臓器移植ネットワーク=脳死や心停止となった人から提供された臓器を移植希望患者にあっせんする国内唯一の機関。1997年に前身の日本腎臓移植ネットワークを改組する形で発足。臓器提供者の家族への説明などを担う移植コーディネーターや医師などで構成する。

 改正臓器移植法の主な変更点

 〈1〉本人の生前の意思が不明でも、家族の承諾で脳死臓器提供を認める

 〈2〉15歳未満の子どもからの提供を認める

 〈3〉家族に臓器を優先的に提供できる親族優先提供制度の創設


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

例えば、虐待を繰り返している親がいたとする。
お金に困っていた家族がいたとする。
こどもがいらないと思っている親がいたとする。
世界各国で、養子縁組を必要以上にするものがいる。

そういう人たちの性善を期待するのは酷なことで、こどもやおとなをもふくんだ人身売買が横行するのではないか。という性悪の視点が欠如していると言わざるを得ない。

福祉と言っても、そこに抜け穴を見つけ、外国に暮らすものと養子縁組をし、日本の税金でまかなわれているこども手あて等をふんだくる輩もいる訳であるから、人の臓器をふんだくり、利益を上げようとしているものたちがいるのは、目に見えている。
[PR]
by akikonoda | 2010-08-10 08:03 | 記憶
<< 早稲田人脈 プール解放の時 >>