923億円はどこからどこへ

 経営破綻(はたん)した日本振興銀行(東京都千代田区)の金融整理管財人を務める預金保険機構は13日、預金保険で全額保護される1000万円以下の預金とその利息を払い戻す初めてのペイオフ手続きについて、営業再開初日の同日午後5時現在の状況を公表した。本店など全国16店舗で796件の解約手続きを受け付け、総額では50億3000万円と全体の1%弱だった。

 同日記者会見した田辺昌徳理事長代理は「特段の混乱はなく、円滑な営業再開となった」と話し「2、3週間のうちに全店で営業を再開したい」との考えを示した。

 また、預金の払い戻し原資などに充てるため、預保機構は同日、日銀からの借り入れで調達した923億円を振興銀に貸し付けた。

 一方、同行は東京地裁から民事再生手続きの開始決定を同日付で受けた。保護対象外の1000万円を超える預金のカット率を決める法的手続きが始まる。取引先と預金者を対象とした債権者説明会は16、17の両日、都内で開催。今後の予定や預金の取り扱いを説明する。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このしきんどこにながされたどりつく とんでとばされ だれかのはらに
[PR]
by akikonoda | 2010-09-14 09:16 | 記憶
<< 尖閣 軍国主義の末路 >>