尖閣

仙谷由人官房長官は14日午前の記者会見で、台湾人活動家の抗議船が尖閣諸島沖の海域に入ったことについて、台湾に抗議をしたことを明らかにした。その上で「尖閣諸島が我が国固有の領土であることは疑いない。我が国の対応は、一貫した立場に基づく適正なものだ」と強調した。中国要人の来日が延期されたことに関しては「もしそうであるなら甚だ遺憾である。こういう時こそ議会交流はより存在価値を増すのではないか」と述べた。【野口武則】

毎日〜〜〜〜〜〜


中国漁船接触:中国の調査船、尖閣方向に航行

2010年9月9日 2時30分


衝突事故が起きた尖閣諸島周辺
 中国の国家海洋局の海洋調査船が東シナ海を沖縄県・尖閣諸島方向に航行していることが8日、政府関係者の話で分かった。尖閣付近では、中国の漁船船長が公務執行妨害容疑で第11管区海上保安本部(那覇市)に逮捕されたばかりだが、これとの関係は不明。尖閣諸島に接近した場合に備え、政府内で対応を検討している。政府高官は8日夜、「向こうからまた船が出てきている」と語った。

 中国の調査船は今年5月に鹿児島県奄美大島の北西約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、海上保安庁の測量船を追跡し、測量中止を要求してきた例がある。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

衝突してきたものの姿勢を疑う。
[PR]
by akikonoda | 2010-09-14 16:37 | 記憶
<< タゴール 923億円はどこからどこへ >>