中国側に迅速な処理を要請=4邦人取り調べで日本公使

中国側に迅速な処理を要請=4邦人取り調べで日本公使

 【北京時事】中国河北省で軍事管理区域に侵入しビデオ撮影したとして、準大手ゼネコン「フジタ」の社員4人が国家安全機関の取り調べを受けている事件で、堀之内秀久駐中国公使は26日夜、中国外務省の邱学軍領事局副局長に対して、4人の身柄の安全確保や弁護士による接見、人道的な観点からの迅速な処理を申し入れた。
 北京の日本大使館によると、邱副局長は「身柄の安全は保証する。領事面会や弁護士の接見について要望があれば、河北省の関係部門と直接連絡を取っていただいてよい」と回答。「本件は個別の事案であり、中国の法律に基づき公正に審理される。日本側の重大な関心については外務省の指導者に伝達する」と述べた。 
[PR]
by akikonoda | 2010-09-27 08:24 | 記憶
<< 夏過ぎて 向かう方向が間違っている >>