護国の庭

はれわたる 護国の庭につどうもの すなまみれかな じゃりをふみしめ

つきうごく じゅうけんどうのしあいかな すでのみぎてはひきがねつかみ

英霊というものはなにときくこらのよこをすぎゆく 黒い装束

どんぐりをひろうちいさきこらのてのみどりとちゃいろの秋をころがし 
[PR]
by akikonoda | 2010-10-11 20:21 | 短歌
<< 弥生の遺跡の穂の実り くさもち >>