無駄つかい

 昨年度の国産の新型インフルエンザワクチンが大量に医療機関で余っている問題で、厚生労働省は12日、メーカーや卸業者などが医療機関から239万回分(約37億円)を買い取ったと発表した。

 国産ワクチンの有効期限は最長1年で、返品されたワクチンは廃棄処分される。

 厚労省は例年、医療機関からのワクチンの返品を原則認めていない。昨年度は新型インフル対策として国が5400万回分(約260億円)を買い上げて各医療機関に供給したため、返品を認めた。

 政府がスイスのノバルティス社から緊急輸入した新型ワクチン1700万回分(約306億円)は、ほとんど使われないまま期限(6か月)が切れたため廃棄。英グラクソ・スミスクライン社から輸入した5000万回分(約547億円)は期限が1年半だが、今年度は国産ワクチンが十分にあるため、使われない見通し。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

無駄使い。金をつぎ込み。
[PR]
by akikonoda | 2010-10-12 22:47 | 記憶
<< わたるもの 弥生の遺跡の穂の実り >>