どさくさにまぎれて

 【ユジノサハリンスク田中洋之】ロシアのメドベージェフ大統領は1日午前、北方領土の国後島に到着した。旧ソ連時代を含め、ロシア国家元首の北方領土訪問は初めて。

 大統領は、10月31日までベトナム・ハノイを訪問。北方四島を事実上管轄する極東サハリン州の州都ユジノサハリンスクで小型機に乗り換えていた。

 大統領は、島の中心地・古釜布(ふるかまっぷ)(ユジノクリリスク)を訪れ、露政府のクリル(千島)諸島社会経済発展計画(07〜15年)に基づいて建設・修復された学校や幼稚園、病院、アパートなどを視察すると見られる。

 国後島からの情報によると、これらの場所では31日に受け入れの最終準備が行われていた。択捉島では受け入れ準備が行われておらず、大統領の視察は国後島だけになる可能性が高い。


〜〜〜〜〜〜

厭な世の中。 

どさくさにまぎれての、人の物取りばかり。

〜〜〜〜〜〜


 日本側の見送り要請にもかかわらず、ロシアのメドベージェフ大統領が1日午前、北方領土を訪問したことで、今月中旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での同大統領訪日を控え、日露関係が冷却化するのは必至の情勢となった。尖閣諸島沖の漁船衝突事件を巡る中国の対日姿勢硬化と足並みをそろえるように、ロシアから揺さぶりを掛けられ、菅政権は外交でさらなる課題を突きつけられた形だ。

 仙谷由人官房長官は同日午前の会見で「わが国固有の領土。誠に遺憾」と表明した上で、ロシア側から「事前の正式通告はなかった」と明らかにした。また訪問の狙いについて「少々疑問に思っている。これからよく調査をしないといけない」と真意をはかりかねていることを隠さなかった。

 一方、菅直人首相は同日午前の衆院予算委員会の集中審議で「(日本の)政権交代後の政権運営に原因を求めるのは偏った見方だ。ソ連がロシアになり、西に向かっていたエネルギーが東に向かって、極東地域にかなり力を入れてきている。そういう大きな背景もある」と述べ、ロシアの国内事情を指摘した。

 今夏以後、大統領の北方領土訪問の情報が流される中、日本側は水面下で繰り返しロシア側に訪問しないよう要請してきた。先月、モスクワで開かれた日露次官級協議では「日露関係に重大な影響を与える」と伝え、慎重な対応を求めた。

 それを無視するかのように1日朝、ロシア側から大統領の北方領土訪問が報じられると、ある外務省幹部は「非常に遺憾だ。ロシア側から事前通報はなかった。現地に職員がおらず、訪問を確認するすべはない」と怒りをあらわにした。与野党からも批判があがり、民主党の鉢呂吉雄国対委員長(衆院北海道4区)は「大統領が足を踏み入れるのは妥当ではないのではないか。大変遺憾だ」と、国会内で記者団に語った。

 日露間では、APEC首脳会議の際に、菅首相とメドベージェフ大統領が会談することで調整が進められてきたが、大統領の北方領土訪問により、調整が難航する可能性も出てきた。【犬飼直幸、西田進一郎】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ロシアに政府が対抗措置検討 大使召還には慎重

 政府は1日、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問を受け、対抗措置の検討に入った。駐ロ大使召還や一時帰国なども検討対象になるとみられる。ただ、アジア太平洋経済協力会議首脳会議に合わせた大統領訪日を控えていることから、政府内では大使召還など強硬措置には慎重な意見が根強い。仙谷由人官房長官は1日午後の記者会見で、大統領訪問時の言動やロシア側の出方などを見極める考えを表明。
[PR]
by akikonoda | 2010-11-01 10:47 | 記憶
<< 幼保一体化 劇場 >>