すべてIP(インターネット・プロトコル)網

NTT東日本と西日本は2日、25年をメドに交換機を使った加入電話網の使用を終了し、すべてIP(インターネット・プロトコル)網に切り替えると発表した。20年ごろから移行を開始し、ISDN(統合サービスデジタル網)など一部サービスは終了する。両社は料金体系には言及していないが、IP電話は全国一律料金が一般的で、電話網とIP網の二重投資も避けられるため、現在の固定電話より相当程度安くなることが期待される。

 電話局間のネットワークをIP化することで高速・大容量の通信が可能になり、音声をデータとしてやり取りするIP電話の利用環境が整う。また、高速回線を生かしたテレビ電話や高音質通話など新たなサービスが提供される可能性もある。

 加入電話網で提供しているサービスのうち公衆電話、番号案内、ナンバーディスプレイなどは25年以降も続ける一方、ISDNやコレクトコール、ダイヤルQ2などの一部サービス、店舗などに設置されているピンク電話は廃止する。

 NTT東日本の前田幸一副社長は2日の記者会見で「移行の時期は交換機の寿命や、利用者への周知や負担の最小化を考慮した」と述べた。また、IP網への完全移行は15年をメドに全家庭へ光回線を引く、政府の「光の道構想」実現の前提条件にもなるが、同構想について前田副社長は「短期間で利用者に強制するようなやり方は無理だ」と否定的な見方を示した。【乾達】
[PR]
by akikonoda | 2010-11-03 08:35 | 記憶
<< 天拝坂から太宰府へ 「すとれいどっぐす いえなきこ... >>