サミュエル・コーエン氏死去 中性子爆弾の開発者

サミュエル・コーエン氏死去 中性子爆弾の開発者

 サミュエル・コーエン氏(中性子爆弾の開発者)米紙ウォールストリート・ジャーナルなどによると11月28日、ロサンゼルスで死去、89歳。カリフォルニア大で物理学と数学を学んだ後、米陸軍に入隊。広島、長崎に投下した原爆を開発したマンハッタン計画に加わった。戦後は1950~60年代にかけて、民間企業のコンサルタントを務めながら、爆風などを抑える一方で放射線による殺傷力を高めた戦術核兵器の中性子爆弾の開発を主導した。(ニューヨーク共同)

共同〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2010-12-02 11:20 | 記憶
<< 熱の後先 紫の >>