ひとつのおわり

これまでのひとつのおわりみることは あたらしきことおこるまえぶれ
[PR]
by akikonoda | 2010-12-21 22:40 | 短歌
<< 昼短くも ぎたんじゃり >>