医療保険について

医療保険について。

先日、やんばるくいなさんから韓国は弱肉強食で亜米利加と同様、医療保険がきかず、患者負担になるということで、ガン等になったら、最後、財産が亡くなるほどの痛手を受けると言うことをお聞きしたばかりであったので少し思い到ることのあり。

亜米利加等も映画「シッコ」等で指摘されていたように、今、国民皆保険に向かっていて色々と問題も吹き出ているようであるが、日本と同様、国民にとってはまだ弱肉強食を押さえた、とりあえず、一部の金持ちだけが生き残れるような国ではないように努力しているということであり、今よりも国民にとって”まし”な国を目指している努力は見られ、それはある程度必要なことではないかとも思われる。

本当に、きついときしか医者に行かないので、ご老体の方で、そこまで行かなくても良さそうな方が医者がよいするのが日課と言う人を御見受けすると愕然とすることもあり、その医療体制に、不公平を感じることはあるにしろ。

一部のマスコミでは、やたらと、韓国系企業からマージンをもらっているのか、同胞の方なのかよくわからないが、最新医療でハイテクで待ち時間はないと宣伝してあおり、日本は遅れていると吹聴している番組等もあり、宣伝呼び込みに余念がないようだが、なんてことはない、最新医療を受けられるのは、金持ちばかりで、一般の人はその恩恵に預かれないのであれば、少数ばかり助かるより、多少は時間はかかるかもしれないが、日本はよりやすくよりひろく患者を助けようとしているとするならば、そちらの選択肢をとることのほうがより資本主義的あこぎよりも、社会主義的ゆるやかさで、分配が行われている可能性を感じた。

日本には幸い温泉地等で行われる”湯治”文化もあり、せこせこしない緩やかな環境・文化の中で、自然治癒との融合をはかった治療と言う方法も昔からあり、心も身体もゆるやかに治す治療法は、薬漬け、切り刻みばかりを煽る医療関係者やマスコミとは真反対でありながら、必要以上に病気と闘わずして、いつのまにか治っているような場合もある訳で、無理のない人それぞれにあった治療を目指すことが本来の医療行為であると思われる。
[PR]
by akikonoda | 2011-01-14 09:00 | 記憶
<< どちらにも 寒椿 >>