門戸を開くだけでなく 最低限の維持費等確保の必要性

日本政府が国際宇宙ステーション(ISS)を構成する宇宙実験棟「きぼう」をアジア諸国に開放することにしたと17日、日本経済新聞が報じた。

同紙によると、日本政府傘下の宇宙開発戦略本部は関連技術を輸出するため、宇宙航空開発研究機構(JAXA)に「きぼうアジア利用推進室」を設け、昨年夏から活用方法を模索してきた。

日本政府はこの案の一環としてISS内の宇宙実験棟をアジア各国に無償で提供し、関連産業を育成してアジア側の需要を吸収するという戦略を打ち出した。

特にJAXAは韓国航空宇宙研究院と年内に細胞培養など4分野で研究計画をまとめ、早ければ2013年に韓国側の実験機材・資材を日本から打ち上げる予定だ。

日本政府はその間、この日本所有分については自国またはISS参加国だけが利用できるという方針を定めていた。しかし中国が今年から独自の宇宙基地建設を始めると明らかにしたことを受け、アジア国家との協力を構築するため、こうした方針を変更し、アジア国家に門戸を開くことにしたと、同紙は伝えた。

~~~~~~~~~

協力関係というのであれば、そこを日本人の血税を湯水のように使うことが目的のようなことをせず、限りある税金でまかなうのでなく、無償というわけではなく、「最低限度」の維持費等の必要経費分負担等を韓国に対して要求しないといけないと思われる。

が、今の民主党政府は、韓国傀儡的な日本を踏み台にし、日本を利用するだけするという「仕組み」を作り続けて、日本がいつまでたっても浮かび上がれない、下支えだけさせるというような、おかしな事例を押し広げていると言わざるを得ない。
[PR]
by akikonoda | 2011-01-18 21:27 | 記憶
<< あるうたうたいのし こえをはる >>