韓国資本、九州を席巻 31のゴルフ場やホテルが集中

韓国資本、九州を席巻
31のゴルフ場やホテルが集中

 韓国資本が経営するゴルフ場やホテルが九州で計31カ所にのぼることが分かった。韓国系ゴルフ場は全国45カ所のうち半数近い22カ所が集中。温泉や豊かな食材を売り物にしたアジア客の観光誘致を超え、韓国経済の勢いと九州との直結ぶりを映し出した。

 シンクタンクの九州経済調査協会(福岡市)が23日、資本の過半が韓国系となっている施設などを集計した。

 ゴルフ場は22カ所、ホテルは9カ所(併設分も含む)で、ほぼすべてが既存施設の買収だった。なかでも熊本の計8カ所、宮崎の6カ所が目立つ。阿蘇や霧島といった人気の観光地への足回りのよさや、韓国便がある空港への近さに目を付けているようだ。

 九経調によると、韓国企業による買収は2002年ごろから始まり、05年前後に加速した。景気に勢いがない日本のリゾート地は苦戦が続く。地方経済の疲弊に苦しむ地元自治体にとっても、韓国資本の受け入れは雇用の維持や観光客の増加を期待できる。

 九州を訪れる外国人客の6割が韓国から。熊本県のある自治体の企業誘致担当者は「地元商店とのつきあいも雇用も以前通りでありがたい」と話す。
【朝日新聞より転載】〜〜〜〜〜〜〜〜

過去ばかりに目を向けさせようとする人、今、ここで起こっていることに目を向けない人に言っておきたいことがあります。

今占領されつつあるのは日本なのです。

それを分かっているのかと。

現実を見よ。
[PR]
by akikonoda | 2011-02-24 09:33 | 記憶
<< 中朝国境で数百人がデモ=軍部隊... 川沿いを >>