GDP逆転で対中国ODA削減へ

GDP逆転で対中国ODA削減へ 外相、見直し指示


 前原誠司外相は中国向けの政府開発援助(ODA)を大幅削減する方向で見直すよう外務省に指示した。複数の政府関係者が1日明らかにした。国内総生産(GDP)で日中が逆転したことを踏まえた措置。中国向けODAのうち円借款による新規の有償資金協力は自民党政権時代に終了しており、現在も続いている無償資金協力と技術協力を縮小する。6月ごろをめどに具体的な見直し案を策定する考えだ。

共同〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

削減でなく即時撤廃を求める。
武器に代えられては、日本国民や周辺諸国の実害となるだけである。
[PR]
by akikonoda | 2011-03-02 08:33 | 記憶
<< 付き添い 日本銀行のあり方を考える議員連盟 >>