「日韓キリスト教議員連盟」

 民主党の土肥隆一衆院議員が先月27日に「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として訪韓し、日本政府は竹島(韓国名・独島)領有権の主張をやめるべきだとする同連盟の共同宣言を発表した記者会見に出席していたことが9日、明らかになった。土肥氏は取材に対し、事実関係を認めた上で「発表の場にいたことはうかつだった。共同宣言の内容をよくチェックすべきだった」と述べた。

 日本政府は竹島を「固有の領土」としている。これについて、土肥氏は「政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ」と述べ、交渉で解決すべきだとの考えを示した。

 土肥氏は、民主党の菅直人首相グループの幹部。首相は9日夜、土肥氏の行動について「大変遺憾に思っている。竹島は日本固有の領土だ」と不快感を表明。「しかるべき形で対応することが必要だ」と述べ、事実関係を調査する考えを示した。

 一方、自民党の大島理森副総裁は同日、党本部で記者団に「わが国の国会議員としてあるまじき恥ずべき行為だ。許されることではない」と土肥氏を批判した。 

時事〜〜〜〜〜〜〜

民主党や他のこのように他国の為に動き続けるものも、このようなおかしな動きをやめない限り、日本国民から非難されのは当然であり、これは差別というものでは片付けられない、日本国民の「自国を守る権利」をおかしているのだということを、もっと自覚した方がいい。
[PR]
by akikonoda | 2011-03-09 21:54 | 記憶
<< 三倍重力 東京穀物商品取引所(東京・中央... >>