雨にぬれた場合の注意

原子力安全・保安院は、福島第一原子力発電所から30キロ圏内の屋内退避エリアの住民に対し、雨にぬれた場合の注意を呼びかけた。
 それによると、雨にぬれたら、体を水道水で洗い、タオルで体を拭き、使用したタオルや雨にぬれた服や靴はビニール袋に入れて、密封して屋外に保管する。使用した雨がっぱや傘は繰り返し使用できるので、ビニール袋に入れ、屋外に保管するように、と呼びかけている。
 また、窓を開けて部屋を換気する際の注意点として、「湿らせた布で開けた部分をふさぎ、ちりやほこりが入るのを防ぐ」「できるだけ原発と反対方向の窓を開ける」ことを呼びかけている。
[PR]
by akikonoda | 2011-03-21 10:46 | 記憶
<< がんばっては ヨウ素剤 >>