がんばっては

「『頑張って』と言わないで…」被災地からの悲痛な声。
2011年3月20日 19時00分


徐々にではあるが東日本大震災が発生した地域では、電気などのライフラインが復旧し始めている。被災地の方がやっとテレビなどを見られるようになったわけだが、何度も画面から流れてくるある“言葉”に苦しめられているという。

報道番組などで、避難所からの現地生中継が多くなった。被災された方の無事が確認できる貴重な場であり、大いに放送して欲しい。中継の最後にスタジオのアナウンサーなどが、「日本中が応援しています。頑張ってください!」などと締めくくることが多い。その言葉を聞いた被災地の方が、困惑した表情を浮かべた映像を見た視聴者はいないだろうか。

3月19日の『ニュース 深読み』(NHK総合)では、被災者から次のようなコメントが寄せられた。
「電気が復旧し、避難所から自宅を片付けるため家に戻った。あまりの惨状に呆然としているとテレビから、“頑張ってください。”との声がしてきた。何度も何度も。“これ以上、どうやって頑張るの?”と悲しくなった。」「“頑張ってください。”って言葉を聞くたびに、落ち込んでしまいます。」

被災地の方も、心からの励ましの言葉なのだと分かっている。分かっていても、心も体も疲れきり途方にくれているので「頑張ってください。」の言葉が重く心に圧し掛かり、怒りや悲しみを感じる方もいるようだ。

上記のコメントを寄せて頂いた被災地の方は、「具合は悪くないですか?」「何か出来る事は、ありますか?」など気遣いの言葉が嬉しかった―と述べていた。

これから被災地の方が一時的に別の地域に避難されたり、仮住まいで引っ越されたりするケースも多くなりそうだ。その時は「そばに寄り添い、気遣いの言葉をかけて欲しい。」というのが、スタジオのボランティア団体の方からの意見であった。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

〜〜〜〜〜〜〜〜

被災者の方々もそうであるが、被災地に駆けつけ活動を続けておられるか方々に対しても、この震災で被害を被り人生の岐路に立たされている方々に対しても、これ以上出来ないほど必死にことにあたられているであろうから、同じことが言える。
[PR]
by akikonoda | 2011-03-21 10:49
<< 風呂 雨にぬれた場合の注意 >>