原子力安全委がレベル7相当認識 保安委に見直し求めず

原子力安全委がレベル7相当認識 保安委に見直し求めず
2011年4月12日 20時50分 (2011年4月12日 22時07分 更新)


 原子力安全委員会の代谷誠治委員は12日、経済産業省原子力安全・保安院が福島第1原発事故の深刻度を国際評価尺度(INES)の暫定評価で「レベル7」としたことについて、3月23日の時点でレベル7に相当する危険性があると認識していたが、これまでに暫定評価の見直しを保安院に求めなかったことを明らかにした。代谷委員は記者会見で「尺度評価は保安院の役割だ。(安全委が評価見直しを)勧告しなければならないとは考えない」とし、原子力安全委は関与しないとの姿勢を強調した。
[PR]
by akikonoda | 2011-04-12 22:50 | 記憶
<< 東電株、投機筋の食いものに ジ... ちちは廊下を歩いていった >>