東電株、投機筋の食いものに ジェットコースター並み乱高下

東電株、投機筋の食いものに ジェットコースター並み乱高下
2011年4月12日 19時36分 (2011年4月12日 20時10分 更新)


東京電力株が究極のマネーゲームにさらされている。株価は、東日本大震災が起こった2011年3月11日から約80%も目減りし、3兆5000億円程度あった時価総額は3兆円近くを失った。
わずか1日のあいだでも、ジェットコースターのように株価が大きく乱高下して、出来高は連日のように1億~2億株を超える大商いが続いている。東電株はいまや短期売買で利ザヤを稼ぐ、投機筋の格好の食いものにされているようだ。
下がったと思ったら急上昇
2011年4月12日の東京電力の株価は、前日比50円安の450円で引けた。先週末(8日)の終値は値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比80円高の420円で、週明けの11日は3日続伸の500円まで上昇していた。
最近1週間は、3日連続で下落したかと思うと、3日続伸。4月12日は4日ぶりにマイナスに転じた。この日は福島第一原子力発電所の事故の評価が「レベル7」に引き上げられたほか、朝から震度6の大きな余震が続いていることから、企業の生産活動を鈍らせるとの警戒感が広がり、東京株式市場の全体で「売り」が優勢だった。
とにかく、乱高下が激しい。4月12日の株価は市場が開くと、たちまち下落。安値の458円を付けると前引けには急速に切り返し、高値の539円に達した。株価は1日のうちに、81円の値幅で上下した。
ある証券アナリストは、「投機筋につられて、短期的な値幅を拾っていく投資家が広がっている。(原発事故が予断を許さない状況にあって)引き続き下げ気配が強いが、しばらくは荒い値動きが続くことになりそう」とみている。
もはや仕手株なのか
東電株は2011年4月6日、一時300円を割り込んで前日比69円安の293円を付けて、上場来安値を更新した。終値は前日比25円安の337円で、時価総額は5400億円程度にまで落ち込んだ。
6日の出来高は3億312万株の大商い。投機筋の短期売買が膨らんだとみられるが、東証1部の出来高(約27億株)の実に1割を東電株が占めていた。
3月30日にはストップ安で大暴落した東電株を、約186億円を投じて一気に「買い」に出た投資家が現れた。…



この日466円で引けた東電株は、翌31日には朝から買い注文が相次いで、一時は前日比58円高の524円に急騰した。
4月11日付のZAKZAKは市場関係者の話しとして、その投資家が「香港のヘッジファンド」だと報じている。仮に、このヘッジファンドが3月31日朝に東電株を売り抜けていたとしたら、約22億円を儲けたことになるが、さらに「デリバティブ取引などで100億円以上の利益をあげたとの噂もある」という。
ちなみに、3月31日の終値は前日と同じ水準(466円)に戻っていた。東電株はいまや一部の大口投資家が意図的に株価を吊り上げたり下げたりする、仕手株のようでもある。
[PR]
by akikonoda | 2011-04-12 22:53 | 記憶
<< 原子力損害賠償法(原賠法) 原子力安全委がレベル7相当認識... >>