「iPhone」と「iPad」はユーザーの動きを追跡保存-研究者

「iPhone」と「iPad」はユーザーの動きを追跡保存-研究者

  4月20日(ブルームバーグ):米アップルの多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型コンピューター「iPad(アイパッド)」は、ユーザーの動きを追跡し保存していることが、オライリー・レーダーに掲載された研究報告で分かった。
  英エクセター大学の天文学の上級研究フェロー、アラスデア・アラン氏とピート・ウォーデン氏が共同執筆した報告によると、iPhoneとiPad向けの基本ソフト(OS)「iOS4」は、緯度と経度の座標だけでなく訪れた時間も記録する。報告はテクノロジー業界会議を開催する出版社オライリー・メディアのウェブサイトに掲載された。
  アラン、ウォーデン両氏は近くの携帯電話基地局の場所に基づいて行われているとみられる追跡について、セキュリティーやプライバシーの問題を提起していると述べ、この情報は暗号化されていないと指摘した。
  報告によると、こうした追跡情報が共有されている証拠は見当たらない。ただ、携帯電話会社は常にこの情報へのアクセスを有しており、アクセスを求める裁判所命令には応じているという。
  アップルの広報担当者、スティーブ・ダウリング氏に電話取材を試みたが、現時点では連絡が取れていない。
翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo + kshugo@bloomberg.net  Editor:記事についての記者への問い合わせ先:Adam Satariano in San Francisco at asatariano1@bloomberg.net

〜〜〜〜〜〜〜


[ソウル 22日 ロイター] 韓国のサムスン電子<005930.KS>は、アップルが最大5件の特許を侵害しているとして、韓国、日本、ドイツで提訴した。発表声明では具体的な侵害内容は明らかにしていない。 

 アップルは15日、サムスンのスマートフォン(多機能携帯端末)などがiPhone(アイフォーン)やiPadを模倣しているとして商標侵害で提訴していた。

 サムスンはグーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドの採用でスマートフォン市場でシェアを拡大しており、タブレット端末でアップルの最大の競合相手。

 アップルは半導体や液晶ディスプレーなどの部品供給をサムスンに依存しており、訴訟合戦は両社の収益に悪影響を及ぼすおそれがある。

 訴訟発表を受けてサムスン株は0317GMT(日本時間午後零時17分)2.69%安となっている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

携帯所有者の位置情報を無断収集=アップルとグーグル―米紙
2011年4月22日 19時23分

 【シリコンバレー時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は21日、米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」や、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンが、全地球測位システム(GPS)を通じて位置情報を記録し、両社が所有者に無断で、定期的に収集していると報じた。
 背景には、外出先の位置情報に基づく観光、飲食店情報の提供や、関連ネット広告などに利用する思惑があり、今後、各国当局が報告や対策を求める可能性があるという。 
[PR]
by akikonoda | 2011-04-21 15:57
<< はいえな つきをとる >>