円買い・ドル売り

【ロンドン時事】5日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、米国経済の先行き懸念を背景とした円買い・ドル売りが加速、一時1ドル=79円50銭台まで上昇した。79円台を付けるのは、東日本大震災後に各国中央銀行が協調して円売り介入を実施した3月18日以来、約1カ月半ぶり。

 正午(日本時間午後8時)現在は79円60〜70銭と、前日午後4時比1円の円高・ドル安。 


〜〜〜〜〜〜〜

仕組まれている。ユーロに対しても、同じ動きがないのもおかしなことである。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-06 07:39 | 記憶
<< くるってるてれび こどもの日 >>