独逸の場合

【ベルリン=三好範英】ドイツのメルケル首相は、21日の記者会見で、脱原発を2022年までに図ることが望ましいとの考えを明らかにした。

 首相は、日本の福島第一原発事故を受け、脱原発を急ぐ方針を表明していたが、具体的な時期に言及したのは初めて。メルケル政権は6月中旬までに、脱原発などの方針を盛り込んだ原子力法改正を目指している。

 脱原発を22年までに行う方針は、首相が率いるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党であるキリスト教社会同盟(CSU)が21日、南部バイエルン州で開いた幹部会で決まった。首相は、この会議の後の記者会見で「(22年までというのは)妥当な期間だ」と述べ、政府としても支持する考えを示した。

 首相は、6月6日に原子力法改正案を閣議決定する意向で、現在、産業、科学技術、教会などの分野の識者で構成する諮問委員会が脱原発の具体的な時期などを検討中。諮問委は5月末までに報告書を提出する予定だ。

 21日の会見で首相は「(正式な決定は)諮問委の答申を待ちたい」と述べた。ただ、国内の報道では、諮問委は「21年まで」の脱原発が望ましいとの答申を行う見通し。メルケル政権は答申を受け、現在国内に17基ある原発を約10年で全廃する方針を法制化するとの見方が強まっている。

読売〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2011-05-23 09:29 | 記憶
<< あめになり 時間だけ >>