KIKO

KIKOがドル急騰の悪循環を招いた
2008年10月10日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment0mixihatena0
‘ドル高進行→KIKO(ノックイン・ノックアウト)償還額急増→ドル需要急増→ドル高さらに進行’と続く統合オプション商品KIKOの悪循環が、最近の急激なウォン安ドル高の主要因として挙げられている。為替ヘッジ派生商品であるKIKOは、企業と銀行の間で約束された約定相場(契約の94%が1ドル=1000ウォン未満)を超えると、該当企業が契約金の2~3倍のドルで返さなければならない。このため該当企業はドルを買わねばならず、これがドル高の進行をあおっているということだ。

金融委員会によると、8月末現在でKIKOの契約残高は79億ドルだ。中小企業中央会は、調査対象となったKIKO契約企業の88%が、約定相場を超えると既存の契約金額の2倍以上をドルで返済しなくてはならない‘レバレッジKIKO’の契約社だと明らかにした。ウォン安ドル高が進むたびに、精算に必要なドルが雪だるま式に膨らんでいくのだ。最近のドル急騰によりKIKO契約企業の追加損失は5兆ウォン(約3570億円)に達するとの推定も出ている。

ハナ大投証券エコノミストのキム・ジェウン氏は、「KIKO商品の特性上、ドルの上げ幅の数倍に達するドル需要が発生するため、ドル高が進むほどKIKO関連の損失が為替相場に与える影響は大きくなる」と説明する。また、「国内の派生商品規模は米国など先進金融市場より小さいが、正確な損失規模がすべて現れたとはみられない。米国のサブプライム問題発生初期にウォール街の派生商品損失規模を推し測るのが困難だったのと同じ構造だ」と述べた。為替ヘッジ関連の派生商品損失がウォン安ドル高をあおる効果は予想よりもはるかに大きなものになりかねないという話だ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これが日本にも影響を及ぼしたと言える。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-29 16:29 | 記憶
<< おーがにっく 内閣不信任案を提出 >>