放射性物質の濃度を22万分の1〜36万分の1に低減

東京電力は16日、福島第一原子力発電所の汚染水処理システムで、放射性物質の濃度を22万分の1〜36万分の1に低減できたと発表した。

 東電は同日未明から、比較的濃度の低い汚染水を使って、システム全体の試運転を開始。当初計画の10倍以上の浄化性能を確認した。

 16日午後1時ごろには、処理システムのうち、米キュリオン社製のセシウム吸着装置のポンプに微量の水漏れが見つかったが、予備のポンプに切り替えて試運転を継続した。

 東電は、きょう17日にシステムを本格稼働し、約11万トンの高濃度汚染水の浄化は、予定通り始まるとの見通しを説明した。細野豪志・首相補佐官も政府・東電統合対策室の記者会見で、「24時間体制でここまで来た。おそらく17日にはスタートできる」と話した。

読売〜〜〜〜

汚染水の浄化が急がれる。
[PR]
by akikonoda | 2011-06-16 22:06 | 記憶
<< 電力自由化 傘をさす >>