日本海のことも

【マニラ矢野純一】インドネシアで来月開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の会議を前に、フィリピンのデルロサリオ外相が23日、米ワシントンでクリントン米国務長官と会談し、フィリピンを含むASEAN各国と米国が協力して、中国に対抗していくことを確認した。中国が海軍力を背景に、南シナ海での艦船の活動を活発化させ、周辺国との間で緊張感が高まっている。

 フィリピン海軍は28日から、フィリピン近海で米海軍と合同軍事演習を計画。米国の力を背景に中国と向き合う姿勢を強めている。

 クリントン長官は、デルロサリオ外相との会談後の記者会見で、中国側の艦船が南シナ海で、フィリピンやベトナムの艦船の活動を妨害する事案が最近、増加していることについて、「地域の平和と安全への懸念を引き起こし、緊張を高めている」と指摘。「軍事力の行使や、領有権を強化するため軍事的脅威を使うことには反対する」と述べ、関係国に自制を求めた。

 中国外務省の高官が今週、一部外国メディアに対して「米国は南シナ海問題の当事者ではない」と、米国の関与を拒絶する発言をした。これについて、クリントン長官は、南シナ海の問題は関係国だけなく、米国の国益に関わると強調。オバマ米政権がアジア太平洋地域への関与を強めることを改めて表明し、来月、インドネシアで米国などが参加するASEAN地域フォーラム(ARF)でも、南シナ海問題が主要な議題になるとした。

 フィリピンでは、南シナ海への中国の進出に危機感を募らせ、中国が軍事力を行使した際、米国が軍を展開させるなど軍事的支援への期待が高まっている。クリントン長官は「仮定の質問には答えられない」としながらも、「海上防衛能力の強化への支援を求めるフィリピン側の期待に応えたい」と述べ、中国をにらみ、フィリピン国軍の装備の近代化などを一層、支援していくことを明らかにした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

海兵隊まで日本にいて費用を出してもらっている亜米利加は、日本を守ると言うならば、日本海のことも言うべきである。
日本政府は本当に機能しているのか。
おかしい。
[PR]
by akikonoda | 2011-06-24 23:02 | 記憶
<< おふくろよりも 食い物に誘導する政治 >>