あさどく

朝読で うえにはなあに したにはなあに と ガオ をよむ

一度月に飛んで それから うみのそこまでいく

きのみがいろいろかたちをかえてさいぼうのようにうまれてこわれてまたうまれていく

そういうせかいを

こどもたちはたのしんでいたようにみえた
[PR]
by akikonoda | 2011-06-29 22:22 | 日々の事
<< はえたたき 今日は >>