「死刑廃止・タンポポの会」


 「友人の友人がアルカイダ」など問題発言が相次ぐ鳩山邦夫法相(衆院福岡6区、自民)が10日、地元の福岡県久留米市で「治安に関する私の発言に、うそは一つもない」と発言した。鳩山法相は爆弾テロ事件被害者遺族から抗議され謝罪文を出しているが、一連の発言を改めて肯定したため、更なる反発を呼びそうだ。

 鳩山法相は、道路財源を求める福岡、佐賀両県の首長ら約300人が出席した総決起大会で「治安に関する私の発言は一つのうそもありません」と強調。「体を張ってこの国の治安を守りたい。そのためには多少国民に警鐘を鳴らして、お知らせしなければならない」とした。

 一方、福岡市のグループ「死刑廃止・タンポポの会」は同日、鳩山法相が「法相が絡まなくても(死刑執行が)自動的に進む方法がないか」と発言したことを受け、久留米市内で「法相の資質を問う集会」を開催。参加者約40人はその後、市内の鳩山事務所まで約800メートルをデモ行進し、法相辞任と死刑執行停止を求める抗議文を秘書に手渡した。【井上秀人、平野美紀】

毎日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんともいえない、友達の友達はアルカイダ発言は、失笑ではすまされないと思ったが。

まだ、馬鹿なことをどうどうと言っているので、これはまずいと思った。

もっと、現実的な事を見たほうがいいのではないか。

アルカイダなど実体のないもので、恐怖を煽るより、よっぽど、危険な事を考えながらうろちょろしている外国の方々がおられるのではないか。

実体のない恐怖よりも、生身の守ってくれると信じさせられているもの達が、ただ支配したいだけで、我が物顔でつけ回したり、人を殺したり、犯したりしても、罰されない事実の方が、もっともおそろしい。

そんな亜米利加政府の言いなりか、秘密結社かなにか子供の金の絡んだ火遊びのようなをものに影響されている人の言う事は偏向していると思わざるをえないし、実体のないアルカイダなどと言う亡霊を復活させようともくろむのは、いい加減にしろといいたい。

まず、死刑廃止からしてはいかがか。

罪のあるものは、罪を償うのは、死をもってでない別のやり方も自分はあると思う。

人や生物は、遅かれ早かれ死ぬのだから、死刑によって死を急ぐより、それなりの罪を償って死んだ方が、亡くなった方々も少しは浮かばれるのではないか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

狂ったように死を叫ぶものほど、怖いものは無いし、気持ち悪い。

テロやアルカイダより、正義を振りかざすものの方が、心底、恐ろしい。

すくなくとも、日本人は、中東の方々から、幸いなことに好意を持たれているし、日本人も昔から懐かしさを持って、ガラスの器が渡って来た時代から繋がっていると思っているので、テロなどに狙われたりする事も、狙ったりする事も無く、友好的な心良い関係を保っているので、馬鹿な事に引きずられることなく、それを続ければ良いだけであると思う。

国際協調は、国際友好でもって、つながることが出来るのである。

何をびくついているのか、わけがわからない。

相手を尊重していると言う事は、相手が感じてくれる事である。

お互い疑ったままでは、何も進まないであろうし、気持ちも悪い。


テロでもアルカイダでもないが、イランで拘束された日本人の方も、もともと、ボランティアなどをされていた方であって、イランの麻薬組織が拘束に絡んでいると言われているが、自分は、無事に帰ってくると思っている。

冷やかしなどでなく、普通にイランに好意を持って、旅をされていただけであろうから、日本人の方の無事を願うしか無いのが辛いが。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いずれにせよ、天ぷらやうなぎや利権や秘密の決めごとをえさに、自分たちの税金を使われて武器や私腹を肥やす事に使われては、たまらない。

国会議員で、利権に絡んだもの達がお金持ちと言う図式がある限り、それは事実といえるだろう。

そんなことにも、麻痺しているというならば、税金など何とも思わず使うであろうし、信用できるはずもない。

そういうことに繊細でないものは、おそらく、自動的に人も殺せる。

自分の手は、よごさぬふりをして。


ポアする事に麻痺して行ったと言われている宗教者の麻原と、何ら変わりがない。まあ、背後で操られていると言われているのでなんともいえないが。

そうでなくても、権力を左右する位置にあるものが、アルカイダの友達の友達などと馬鹿なことを言う人がいる限り、都合のいいようにねつ造された事実の積み重ねがもとの誤認逮捕で、自分たちに都合の悪いものを殺そうとするものが、必ず出てくる。
[PR]
by akikonoda | 2007-11-10 23:36
<< 遠近法 放課後の体育館 >>