藤間死刑囚ら3人の死刑を執行


藤間死刑囚ら3人の死刑を執行

 法務省は7日、1982年に神奈川県で女子高生ら5人を殺害した藤間静波死刑囚(47=東京拘置所)ら3人の死刑を執行し、初めて氏名と執行場所を発表した。3人が執行された前回8月以来わずか3カ月半での執行となった。

 鳩山邦夫法相の執行命令は初めてで、福田内閣での執行も初。

 藤間死刑囚のほかに執行されたのは、徳島県で85年に親類夫婦ら3人を殺害した池本登死刑囚(74=大阪拘置所)と、99年に知人女性ら2人を殺害した府川博樹死刑囚(42=東京拘置所)。

 死刑執行は、法相の執行命令が出なかったことによる約3年4カ月の中断を経て、後藤田正晴法相当時の1993年に再開。再開後の執行は今回で60人。

 死刑確定者は7日現在107人で、今回の執行で104人となった。

 法務省は従来、死刑執行を公表せず、矯正統計年報に前年の執行件数を掲載するだけだったが、中村正三郎法相(当時)が98年に公表方法の検討を法務省刑事局に指示。同年11月から執行の事実と人数だけを発表していた。

[2007年12月7日11時57分]
[PR]
by akikonoda | 2007-12-07 12:27
<< 死刑と殺人と暴力について かいだん >>