イラン駐日大使:核の平和利用、誓う 広島市長を表敬 /広島

イラン駐日大使:核の平和利用、誓う 広島市長を表敬 /広島

 イランのセイエッド・アッバス・アラグチ駐日大使が21日、着任あいさつで広島市の秋葉忠利市長を表敬訪問した。

 アラグチ大使は「イランは広島と同じように(イランイラク戦争で)大量破壊兵器の犠牲になった。二度と大量破壊兵器を使われることがないようにしたい」と話し、秋葉市長の核兵器廃絶の姿勢を支持した。秋葉市長は「イランも核兵器を作るなら批判するが、大使が否定したことを支持する」と共に核エネルギーの平和利用に向けて努力することを誓い合った。

 被爆者に哀悼の意をささげるために来広を希望したアラグチ大使は、その後、原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館や原爆ドームを視察した。【井上梢】

毎日〜〜〜〜〜〜〜



先の千羽鶴を焼いた事件の後のイラン大使の広島訪問と聞き、気になって来た。

威嚇的行為であったとするならば、何者が火を放ったかは、まだわかっていないようだが、愚劣としかいいようがない。
[PR]
by akikonoda | 2008-05-23 16:38 | 記憶
<< 食の輸入、検査お粗末 業者任せ... アイヌ民族:先住権請願国会提出 >>