コンビニに人が流出

 コンビニに流出   

特設会場でタスポを申し込む市民(1日、川崎市川崎区の地下街アゼリアで)
 自動販売機でたばこを買う際、成人であることを識別するICカード「taspo(タスポ)」が1日、県内でも導入された。未成年者の喫煙防止対策が期待されるが、県内普及率は約2割にとどまっている。たばこ店からは、タスポの提示が不要なコンビニエンスストアなどに客が流れ、自販機での売り上げ減少を心配する声も出ている。

 タスポは、成人のみが持つことのできる電子マネー機能付きカード。自動販売機の読み取り部にかざすことでたばこを購入できる。

 日本たばこ協会によると、この日導入されたのは、全国で最後に残っていた関東と山梨、沖縄の1都8県。県内では6月末までに、たばこ自販機全体の99・8%にあたる2万3608台で対応機への切り替えが進み、導入に備えてきた。

 県内の推定喫煙人口約180万6000人のうち、申し込みを終えた人は6月24日現在、36万6626人で、普及率は20・3%。カードは無料だが、認知度がいま一つである上、本人確認書類の写しと顔写真を添えて同協会に郵送で申し込むなど、手続きが煩わしいことが影響したとみられる。

 1日に、川崎市川崎区駅前本町の地下街・アゼリアの特設会場で申し込んだ主婦(42)は「顔写真も撮ってくれる申込所をもっと身近なスーパーなどに設けてくれないと、普及率は上がらないのでは」と述べた。

 横浜市中区のたばこ店主(70)は「窓口で買う人が増えて、忙しくなった。申し込みが面倒だと言って、カードを作っていない人は多い。お客さんは慣れるまで混乱するのではないか」と話した。

 たばこ店の間では、24時間、対面販売してくれるコンビニなどに客が流れることを懸念する声もあり、県たばこ商業協同組合連合会の宮嶋実会長は「客に声をかけ、カードを持ってもらうことが大切。導入日までにカードの普及に力を入れてこなかった店は、経営が一時的に厳しくなるかもしれない」と指摘。引き続き普及に努める考えだ。

(2008年7月2日 読売新聞)~~~~~~~~~~

何か嫌な感じがするのは、「電子マネー機能付き」カードを掲示しなくてはならないと言うことである。

たばこは吸わないので痛くないのだが、改ざんできやすい電子マネー機能付きというものをひょっこりつけられて、電子マネー普及に拍車をかけようという企みを感じる。

その知識を持っているもの達にとって、やろうと思えば簡単に出来てしまうであろう電子マネーでもって、しかも、信頼できない政府や行政、銀行によって、証拠すら残さず、勝手に改ざんし放題にもなるであろう代物なのである!!これは、大変な事になると想像すれば誰にでも解ることであると思っている。

苦労してどこぞで偽金等つくらなくて良いのである。

借用書、あるいは債券等もつくる必要がないのである。

自分たちの都合の良いように、金を打ち込めば良いだけである。

ばれたら、間違えてましたですませられるというか、そもそも、そのような莫大なお金(かね)の桁数を、だれが数字だけで管理できるというのであろうか!間違いすら証拠に残らないであろうことが予想される。
 
完全ではないにしろ、紙幣本位であれ、金(きん)本位であれ、まだ、つくると言うてまひま、作業がいるが、電子マネーは、つくる必要すらないのである。打ち込むだけである。

最近、陰謀説を唱える人たちの言う事も、まんざら間違っていないと思えるのはそういった事を、まず考えるであろうものがいるのが人の常であるからで、そういった「誘惑(自分もその立場ならやりかねないのを知っているからこそ)のおきやすいシステムを阻止する為の」システムこそが必要なのであり、便利さだけを強調されすぎる、昨今の流れに否を唱えるのである。

誰にとって便利なのかを真剣に考えないといけない所に来ている。

そのシステムを作ったものの意のままになるシステムであることのほうが、リスクが大きいと言う事に、本気で否を唱え、気づかなくてはならないのである。

冗談ではなく、実際に起こりうる事である。

そのシステムにのっかっていないもの達を、いかようにでも出来るシステムなのである。

それを野放しにしておく事は出来ないのである。


そういったもの達に、金で管理されたくないものとして、否を唱えているのである。

更に、追い討ちをかけるように、免許証で年齢等識別できるようになって来ると言うから驚きであり、これにも断固反対である。

身内に警察官がいるから言うのだが、警察官も人であり、彼ら、彼女らに決まりですからと勝手に調べられるのはと言うのは、嫌であるし、嫌を通り越して、危険なことなのである。

そこまで、してはいけないことがあるのである。
[PR]
by akikonoda | 2008-07-02 07:56
<< 水法被 ねじるぱん >>